INTERVIEW

事業をドライブさせる強固な土台づくりと、技術戦略の成果を最大化させるイノベーションを

執行役員 CIO/VPoE

三井 陽一YOICHI MITSUI

東京大学理学部卒。1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。ITエンジニアに転身後、スタートアップ2社において、テックリード/CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて8年半に渡りサイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社FIXERを経て、2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。CISSP, CCSP, CISA, CISM, PMP, 知的財産アナリスト。

エンジニア組織の高度な技術力が生み出す成果を、CIO/VPoEとして最大化させる

ネクストビートのビジョン・ミッションに深く共感したことが入社の大きな決め手となりました。一児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになりましたし、CEOが事業を通じて社会課題を解決していく姿勢に強く惹かれました。また、選考の過程で、CTOをはじめとするエンジニア組織の高度な技術力を目の当たりにし、過去に培ってきたプロダクト開発、サイバーセキュリティ、マネジメントに関する知見が、ネクストビートの更なる事業成長、事業基盤の強化に寄与できると確信したこともあります。加えて、経営陣のバランスも魅力でしたね。執行役員がそれぞれの専門領域で配置されており、各専門分野で迅速に意思決定しつつ緊密に連携していると感じましたし、自身がジョインするポジションに関しても、情報システム・セキュリティ(CIO)と開発組織マネジメント(VPoE)の兼任を提案いただき、より幅広い業務を任せて頂けると思いました。 また、エンジニアに対する週休3日制の導入も大きなポイントでした。このような制度の導入をたった2週間という短期間で意思決定したと伺い、経営のスピード感と、エンジニアを信頼する風土を感じました。この制度を活用したエンジニアが多様な知見を身につけて事業を加速していく未来を想像して、期待が膨らみましたね。

ビジョン・ミッションを遂行し役割を全うすることが、社会への価値貢献につながる

自分の子ども世代に胸を張って渡せる、よりよい世の中を作りたいと考えています。それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。それを成し遂げるための、CIO兼VPoEとしての役割は、大きく分けて2つあります。一つは、事業をドライブさせる強固な土台を構築すること。もう一つは、組織としての成果を最大化させることです。 前者はCIOとしてのミッションです。複数の事業が迅速かつ柔軟に進化していくためには、それを支えるシステムやプロセスが必要です。また、技術や事業の進化に合わせて、セキュリティも継続的な取り組みが必要になります。事業基盤、情報システムなどの機能部門を技術的観点から適切な状態に整え、事業を推進するメンバーが安心して全力で走るための土台を構築していきます。事業を支えるだけではなく、技術と情報を最大限に活用して、能動的に事業に貢献していきたいですね。 後者はVPoEとしてのミッションです。ネクストビートのエンジニアは、プロ意識を持ち、高い技術力を発揮しながら常に事業を見据えています。技術戦略をCTOが全面的にリードし、私はVPoEとしてその技術戦略の成果を最大化するためのマネジメントを強化することにより、更なる組織全体の最適化を推進し、生産性を向上させることができると考えています。また、短期的な成果を出すだけではなく、持続的に成果を出せるよう、メンバーの成長を支援していきたいです。週休3日制の導入後の時間の使い方、エンジニアとしてのキャリアの広げ方などのヒューマンケアも行っていきます。 そして、CIOとVPoEの役割を兼任しているからこそできる取り組みもあると考えています。例えば、事業からバックオフィスまで一気通貫の生産性管理を徹底し、投資対効果を可視化・分析して、自分たちがどういう仕事をしたか、どう事業に貢献できたのかを定量的に測れる仕組みづくりや、アジャイル開発とセキュリティの高いレベルでの融合などです。私自身にとってもエキサイティングなチャレンジです。

自分の仕事が生み出す価値を常に意識すること

私はテニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタートしました。テニススクールには、テニスを上達したい、仲間とテニスを楽しみたい、といった様々な期待を持った生徒さんがいらっしゃいます。スクールに足を運んでくださった生徒さんの期待に応えるために、自分がどのようなレッスンをしたか、ではなく、自分のレッスンを通じて生徒さんが何を得られたか、を常に意識するようになりました。テニスコーチ時代に身につけたプロフェッショナルとしての心構えは、私の社会人としてのベースになっています。 そして、何事にも好奇心を持って取り組むことです。過去の経験を振り返ると、楽しかったのはやりたい仕事をやっているときでしたが、成長を強く実感したのは、やりたくないと思っていた仕事をやり切ったときでした。今までは見えていなかった価値観が自分の中に生まれて視野が広がっていくことは新鮮な体験であり、それによって更に仕事が面白くなっていきました。これからも過去にすがることなく、未知なる領域に興味を持って踏み込んでいきたいと考えています。

プロフェッショナルな技術者を目指したい人にとっては、この上ない環境

ネクストビートは、自由と責任が与えられる会社です。自ら考えて正解のない課題に挑み、経験し、分析と改善を繰り返すことが求められます。そのような環境で得られる経験は何物にも代えがたく、個人の成長スピードも圧倒的であると考えています。 エンジニアに関しては、単に技術力を発揮するのではなく、どう事業に貢献したか、どう世の中に貢献したかが問われる環境にあるので、プロの技術者として成長したい人にとってはこの上ない環境だと思っています。社会貢献しながら進化し続けたい人に、ぜひジョインして頂きたいですね。

 

INTERVIEW

事業をドライブさせる強固な土台づくりと、技術戦略の成果を最大化させるイノベーションを

執行役員 CIO/VPoE

三井 陽一 YOICHI MITSUI

東京大学理学部卒。1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。ITエンジニアに転身後、スタートアップ2社において、テックリード/CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて8年半に渡りサイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社FIXERを経て、2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。CISSP, CCSP, CISA, CISM, PMP, 知的財産アナリスト。

エンジニア組織の高度な技術力が生み出す成果を、CIO/VPoEとして最大化させる

ネクストビートのビジョン・ミッションに深く共感したことが入社の大きな決め手となりました。一児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになりましたし、CEOが事業を通じて社会課題を解決していく姿勢に強く惹かれました。また、選考の過程で、CTOをはじめとするエンジニア組織の高度な技術力を目の当たりにし、過去に培ってきたプロダクト開発、サイバーセキュリティ、マネジメントに関する知見が、ネクストビートの更なる事業成長、事業基盤の強化に寄与できると確信したこともあります。加えて、経営陣のバランスも魅力でしたね。執行役員がそれぞれの専門領域で配置されており、各専門分野で迅速に意思決定しつつ緊密に連携していると感じましたし、自身がジョインするポジションに関しても、情報システム・セキュリティ(CIO)と開発組織マネジメント(VPoE)の兼任を提案いただき、より幅広い業務を任せて頂けると思いました。 また、エンジニアに対する週休3日制の導入も大きなポイントでした。このような制度の導入をたった2週間という短期間で意思決定したと伺い、経営のスピード感と、エンジニアを信頼する風土を感じました。この制度を活用したエンジニアが多様な知見を身につけて事業を加速していく未来を想像して、期待が膨らみましたね。

ビジョン・ミッションを遂行し役割を全うすることが、社会への価値貢献につながる

自分の子ども世代に胸を張って渡せる、よりよい世の中を作りたいと考えています。それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。それを成し遂げるための、CIO兼VPoEとしての役割は、大きく分けて2つあります。一つは、事業をドライブさせる強固な土台を構築すること。もう一つは、組織としての成果を最大化させることです。 前者はCIOとしてのミッションです。複数の事業が迅速かつ柔軟に進化していくためには、それを支えるシステムやプロセスが必要です。また、技術や事業の進化に合わせて、セキュリティも継続的な取り組みが必要になります。事業基盤、情報システムなどの機能部門を技術的観点から適切な状態に整え、事業を推進するメンバーが安心して全力で走るための土台を構築していきます。事業を支えるだけではなく、技術と情報を最大限に活用して、能動的に事業に貢献していきたいですね。 後者はVPoEとしてのミッションです。ネクストビートのエンジニアは、プロ意識を持ち、高い技術力を発揮しながら常に事業を見据えています。技術戦略をCTOが全面的にリードし、私はVPoEとしてその技術戦略の成果を最大化するためのマネジメントを強化することにより、更なる組織全体の最適化を推進し、生産性を向上させることができると考えています。また、短期的な成果を出すだけではなく、持続的に成果を出せるよう、メンバーの成長を支援していきたいです。週休3日制の導入後の時間の使い方、エンジニアとしてのキャリアの広げ方などのヒューマンケアも行っていきます。 そして、CIOとVPoEの役割を兼任しているからこそできる取り組みもあると考えています。例えば、事業からバックオフィスまで一気通貫の生産性管理を徹底し、投資対効果を可視化・分析して、自分たちがどういう仕事をしたか、どう事業に貢献できたのかを定量的に測れる仕組みづくりや、アジャイル開発とセキュリティの高いレベルでの融合などです。私自身にとってもエキサイティングなチャレンジです。

自分の仕事が生み出す価値を常に意識すること

私はテニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタートしました。テニススクールには、テニスを上達したい、仲間とテニスを楽しみたい、といった様々な期待を持った生徒さんがいらっしゃいます。スクールに足を運んでくださった生徒さんの期待に応えるために、自分がどのようなレッスンをしたか、ではなく、自分のレッスンを通じて生徒さんが何を得られたか、を常に意識するようになりました。テニスコーチ時代に身につけたプロフェッショナルとしての心構えは、私の社会人としてのベースになっています。 そして、何事にも好奇心を持って取り組むことです。過去の経験を振り返ると、楽しかったのはやりたい仕事をやっているときでしたが、成長を強く実感したのは、やりたくないと思っていた仕事をやり切ったときでした。今までは見えていなかった価値観が自分の中に生まれて視野が広がっていくことは新鮮な体験であり、それによって更に仕事が面白くなっていきました。これからも過去にすがることなく、未知なる領域に興味を持って踏み込んでいきたいと考えています。

プロフェッショナルな技術者を目指したい人にとっては、この上ない環境

ネクストビートは、自由と責任が与えられる会社です。自ら考えて正解のない課題に挑み、経験し、分析と改善を繰り返すことが求められます。そのような環境で得られる経験は何物にも代えがたく、個人の成長スピードも圧倒的であると考えています。 エンジニアに関しては、単に技術力を発揮するのではなく、どう事業に貢献したか、どう世の中に貢献したかが問われる環境にあるので、プロの技術者として成長したい人にとってはこの上ない環境だと思っています。社会貢献しながら進化し続けたい人に、ぜひジョインして頂きたいですね。