INTERVIEW

プロダクト主導型組織でイノベーション創出を加速させる

執行役員 CPO/CIO/VPoE

三井 陽一YOICHI MITSUI

東京大学理学部卒。1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。ITエンジニアに転身後、スタートアップ2社において、テックリード/CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて8年半に渡りサイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社FIXERを経て、2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。2021年11月CPO就任。CISSP, CCSP, CISA, CISM, CSM, CSPO, PMP, 知的財産アナリスト。

プロダクト主導型組織にシフトし、より多くのユーザーに価値を届ける

ネクストビートのミッションに深く共感したことが入社の大きな決め手となりました。1児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになり、CEOが事業を通じて社会課題に向き合う姿勢に強く惹かれました。また選考の過程で、エンジニア組織の高度な技術力と事業へのコミットメントを目の当たりにし、過去に培ってきたプロダクト開発、サイバーセキュリティ、マネジメントに関する知見が、ネクストビートの更なる事業成長、事業基盤の強化に寄与できると確信しました。自身がジョインするポジションに関しても、情報システム・セキュリティ(CIO)と開発組織マネジメント(VPoE)の兼任を提案いただき、幅広い業務を任せていただけると思いました。 2021年11月からは、CPOも兼任しています。事業をよりプロダクト主導で展開していくにあたり、プロダクト開発プロセスや組織・制度の最適化、カルチャーの醸成・浸透も合わせて推進していきます。

役割を全うすることが、社会への価値貢献につながる

自分の子ども世代のためによりよい世の中を作りたいと考えています。それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。それを成し遂げるための私の役割は、以下のとおりです。

プロダクト主導型組織へのシフト
新規事業・既存事業とも、プロダクトを通じてより多くのユーザーに価値を提供できるように、プロダクト主導型組織にシフトしていきます。そのために、プロダクトマネジメント体制の強化やデータ利活用の促進、UXの改善等に取り組んでいきます。

強固な事業基盤の構築
複数の事業をスピード感を持って展開していくにあたり、事業の最前線で活躍するメンバーの足場となる強固な基盤の構築が必要です。業務システムやデータ基盤・セキュリティの他、法務・総務も一体となったガバナンスを構築し、事業の迅速な展開を後押しします。

事業・組織・技術の全体最適化
これまでは、個別事業をスピード優先で立ち上げてきましたが、今後更なる事業領域の拡大を目指すにあたり、事業・組織・技術のいずれにおいても、全体最適が必要となります。事業間シナジーの創出やプロダクト間の機能連携を加速させていきます。

これらの取り組みを有機的に連携させることで、ネクストビートならではのBizDevSecOpsが実現できると考えています。

自分の仕事が生み出す価値を常に意識する

私はテニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタートしました。テニススクールには、テニスを上達したい、仲間とテニスを楽しみたい、といった様々な期待を持った生徒さんがいらっしゃいます。スクールに足を運んでくださった生徒さんの期待に応えるために、自分がどのようなレッスンをしたかではなく、自分のレッスンを通じて生徒さんが何を得られたかを常に意識するようになりました。テニスコーチ時代に身につけたプロフェッショナルとしての心構えは、私の社会人としてのベースになっています。 そして、何事にも好奇心を持って取り組むようにしています。過去の経験を振り返ると、楽しかったのはやりたい仕事をやっているときでしたが、成長を強く実感したのはやりたくないと思っていた仕事をやり切ったときでした。今までは見えていなかった価値観が自分の中に生まれて視野が広がっていくことは新鮮な体験であり、それによって更に仕事が面白くなっていきました。これからも過去にすがることなく、未知なる領域に興味を持って踏み込んでいきたいと考えています。

プロフェッショナルな技術者を目指したい人にとっては、この上ない環境

ネクストビートは、自由と責任が与えられる会社です。自ら考えて正解のない課題に挑み、分析と改善を繰り返すことが求められます。そのような環境で得られる経験は何物にも代えがたく、個人の成長スピードも圧倒的であると考えています。 エンジニアも単に技術力を発揮することではなく、どう事業、世の中に貢献したかが問われる環境にあるので、プロの技術者として成長したい人にとってはこの上ない環境だと思っています。社会価値を創造しながら進化し続けたい人に、ぜひジョインしていただきたいですね。

 

INTERVIEW

プロダクト主導型組織でイノベーション創出を加速させる

執行役員 CPO/CIO/VPoE

三井 陽一 YOICHI MITSUI

東京大学理学部卒。1997年、テニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタート。ITエンジニアに転身後、スタートアップ2社において、テックリード/CTOとして様々なプロダクト開発に従事。その後、株式会社ラックにおいて8年半に渡りサイバーセキュリティのプロダクト開発・研究開発を推進。クラウドマネージドサービスのトップベンチャーである株式会社FIXERを経て、2020年3月、CIO兼VPoEとしてネクストビートに入社。2021年11月CPO就任。CISSP, CCSP, CISA, CISM, CSM, CSPO, PMP, 知的財産アナリスト。

プロダクト主導型組織にシフトし、より多くのユーザーに価値を届ける

ネクストビートのミッションに深く共感したことが入社の大きな決め手となりました。1児の父として、日本の人口減少問題に当事者意識を強く感じるようになり、CEOが事業を通じて社会課題に向き合う姿勢に強く惹かれました。また選考の過程で、エンジニア組織の高度な技術力と事業へのコミットメントを目の当たりにし、過去に培ってきたプロダクト開発、サイバーセキュリティ、マネジメントに関する知見が、ネクストビートの更なる事業成長、事業基盤の強化に寄与できると確信しました。自身がジョインするポジションに関しても、情報システム・セキュリティ(CIO)と開発組織マネジメント(VPoE)の兼任を提案いただき、幅広い業務を任せていただけると思いました。 2021年11月からは、CPOも兼任しています。事業をよりプロダクト主導で展開していくにあたり、プロダクト開発プロセスや組織・制度の最適化、カルチャーの醸成・浸透も合わせて推進していきます。

役割を全うすることが、社会への価値貢献につながる

自分の子ども世代のためによりよい世の中を作りたいと考えています。それは、ネクストビートのビジョン・ミッションそのものです。それを成し遂げるための私の役割は、以下のとおりです。

プロダクト主導型組織へのシフト
新規事業・既存事業とも、プロダクトを通じてより多くのユーザーに価値を提供できるように、プロダクト主導型組織にシフトしていきます。そのために、プロダクトマネジメント体制の強化やデータ利活用の促進、UXの改善等に取り組んでいきます。

強固な事業基盤の構築
複数の事業をスピード感を持って展開していくにあたり、事業の最前線で活躍するメンバーの足場となる強固な基盤の構築が必要です。業務システムやデータ基盤・セキュリティの他、法務・総務も一体となったガバナンスを構築し、事業の迅速な展開を後押しします。

事業・組織・技術の全体最適化
これまでは、個別事業をスピード優先で立ち上げてきましたが、今後更なる事業領域の拡大を目指すにあたり、事業・組織・技術のいずれにおいても、全体最適が必要となります。事業間シナジーの創出やプロダクト間の機能連携を加速させていきます。

これらの取り組みを有機的に連携させることで、ネクストビートならではのBizDevSecOpsが実現できると考えています。

自分の仕事が生み出す価値を常に意識する

私はテニススクールのコーチとして社会人のキャリアをスタートしました。テニススクールには、テニスを上達したい、仲間とテニスを楽しみたい、といった様々な期待を持った生徒さんがいらっしゃいます。スクールに足を運んでくださった生徒さんの期待に応えるために、自分がどのようなレッスンをしたかではなく、自分のレッスンを通じて生徒さんが何を得られたかを常に意識するようになりました。テニスコーチ時代に身につけたプロフェッショナルとしての心構えは、私の社会人としてのベースになっています。 そして、何事にも好奇心を持って取り組むようにしています。過去の経験を振り返ると、楽しかったのはやりたい仕事をやっているときでしたが、成長を強く実感したのはやりたくないと思っていた仕事をやり切ったときでした。今までは見えていなかった価値観が自分の中に生まれて視野が広がっていくことは新鮮な体験であり、それによって更に仕事が面白くなっていきました。これからも過去にすがることなく、未知なる領域に興味を持って踏み込んでいきたいと考えています。

プロフェッショナルな技術者を目指したい人にとっては、この上ない環境

ネクストビートは、自由と責任が与えられる会社です。自ら考えて正解のない課題に挑み、分析と改善を繰り返すことが求められます。そのような環境で得られる経験は何物にも代えがたく、個人の成長スピードも圧倒的であると考えています。 エンジニアも単に技術力を発揮することではなく、どう事業、世の中に貢献したかが問われる環境にあるので、プロの技術者として成長したい人にとってはこの上ない環境だと思っています。社会価値を創造しながら進化し続けたい人に、ぜひジョインしていただきたいですね。