INTERVIEW

この会社が「動く」戦略を創る

執行役員 CSO

石毛 陽子YOKO ISHIGE

東京大学文学部卒業後、大和証券エスエムビーシー株式会社(現・大和証券株式会社)へ入社。経営企画及び企業向けファイナンス支援業務を担当し、内約2年、シンガポールに出向。2013年株式会社ローランド・ベルガーに戦略コンサルタントとして参画。2015年より同社シンガポール拠点に籍を置き、日系及び外資企業のアジア事業拡大を支援するプロジェクトマネージャーを務める。帰国後、2018年6月に株式会社ネクストビートに入社し、CSO(チーフ・ストラテジー・オフィサー)に就任。

スタートアップによる社会変革を日本でも

前職で約3年、戦略コンサルタントとしてシンガポールに赴任し、ASEANを飛び回りプロジェクトマネジメントを担当していました。アジアはレガシーとなるテクノロジーがなかった分一足飛びにスマホ等最新技術の浸透が進んだ上、規制が緩いこともあり、スタートアップの展開が早く、たった数年の間に交通手段がUberやGrabになったり、食事のオンデマンドデリバリーがスタンダードになる等、テクノロジーで社会が変革する様子を目の当たりにしてきました。今後世の中を大きく変革し得るスタートアップに身を置いてみることは面白そうだなと感じた原体験です。
ネクストビートは、ビジョンに深く共感し入社を決めました。自分も子どもを産んだり、社会人生活の半分を海外で過ごす中で、日本の人口減少問題に課題感を感じるようになりましたし、テクノロジーの力で課題解決に貢献していくという理念にも共感しました。私たちは、テクノロジーによって生活や働き方が大きく変わる節目の時代にいます。今だからこそ、やれることも大きいと思っています。

 

会社が最速に成長できる道筋を描く

CSOのミッションは、事業をより広い時間軸と視野でみて、会社が最速に成長できる道筋を描くことだと思っています。足許の成長がないと原資ができないのでそこを最大化させることも考えますし、中長期で成長できる戦略であることも重要なので、連続した短中長期の戦略をしっかりと構築し、それらを常にPDCAでまわしていくことが必要ですね。ネクストビートは事業の多角化を志向する中、文化的に決断のスピードも速いので、ミッション実現に向けていち早く動いてしていきたいと思います。
具体的には、ライフイベントは足許事業として基盤を固めつつ、インバウンドは成長市場なのでしっかり参入していきたい。地方創生もインバウンドの絡み等で動きがある領域だと思っているので着手していきたいですね。

社会課題への価値貢献をするリーディングカンパニーに

どのスタートアップにも第二創業期はありますが、当社も創業わずか5年で急成長を遂げ、組織・企業規模も拡大する中、まさに変革期にあると思っています。ここから更にステップアップさせる為には、未来を見据えた筋の良い戦略をたてることが必要です。
ネクストビートは、日本にとって重要な社会課題への価値貢献を志している会社なので、長期的にはこの分野での第一人者であり続けたいです。今後もマクロ環境の変化に伴い、色々な社会の「困りごと」が増えてくると思うのでそこを解決していくのだというプライドを社内でも育てていきたいですし、対外的にも評価頂ける企業に成長させていきたいと思っています。

常に世の中へのインパクトを重んじる

「スタートアップで成長したい」「新しい事業を立ち上げたい」「世の中にインパクトを残したい」等、色々なモチベーションをものすごく早いスピードで実現できる会社だと思っています。意思決定も早く、各階層のメンバーから経営陣までモチベーションが極めて高く、会社を大きく成長させていきたいと思っています。会社をただ大きくさせようというわけでなく、社長を筆頭に常に世の中へのインパクトを重んじていることが、この会社の文化だと思います。そこに共感する方にとっては、チャンスがいくらでもある環境です。急スピードで成長してきた分やるべきことも多く(笑)、自分の裁量で動きたい方にはぴったりの場所だと思いますね。