INTERVIEW

何もないところから 会社を作り上げていく、 絶好の成長機会を

執行役員 CHRO/CHO

澄川 恵美子Emiko Sumikawa

東京大学大学院医学系研究科卒。在学中はラオスにてJICA(独立行政法人 国際協力機構)と発展途上国の支援に携わる研究を行う。2011年株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。新規事業開発や新卒採用、アプリマーケティングを担当した後、2015年同社を退職。2016年株式会社ネクストビートへCHROとして入社。2018年よりCHROに加え、CHOとして健康経営も管轄。2歳児の母。

壮大なビジョンへの道筋が見える会社

数あるスタートアップの中から、ネクストビートに参加した理由はいくつかあります。一番魅力に感じたのは、会社としての戦略・方針の立て方です。壮大なビジョンを掲げつつも、ただ夢を見ているわけでは決してなく、マクロ動向を踏まえ非常に着実で地に足のついた事業展開を行っています。実際に外部から大きな投資を受けることなく自分たちが生み出した利益で会社を回せていることや、現在展開している事業とビジョンとの繋がり、ビジョンへの道筋も感じられたことも私にとって大きかったです。入社以前に顧問として経営会議に参加する中でも、他のスタートアップとは異なる、絶妙なバランス感を感じたことを覚えています。
私が関わり始めた頃はまだ創業2年目で、すべてが本当に信じられないレベルでカオスでした(笑)。本当に何もない「ゼロの状態」というのはこういう状態なのだと改めて認識すると同時に、これまで非常に整った環境しか経験したことがなく、本当の意味でのゼロイチはやっていなかったんだな、ということを実感しました。「ゼロの状態」から会社を大きくしていく、という経験はこのフェーズでしか出来ないと思い、正式に社員として入社することを決めました。関わり始めてから4年が経ち整った部分も増えた一方、会社が成長するにつれて新たな壁も現れるため、今でもカオスと戦う日々が続いています。

一人ひとりの成長にコミットする組織にしたい

今この瞬間も、時代は目まぐるしく変化しています。このような環境で生き残るためには、自分の常識や価値観を定期的にアップデートし、変化に適応していかなければなりません。会社についても同じです。変化の中で会社が永続的に勝ち抜いていくためには、その会社に所属する全社員が常に成長し、変化に適応し続けないといけない。そのような機動力を実現するためには、変化をいち早く察知しその変化にスピーディーに適応できる、柔軟なマインドをもった方が最前線で意思決定する仕組みを整えたいと考えています。ネクストビートが新卒採用に力をいれているのもこのためです。柔軟な思考を持ち、変化に対応する能力の高い方に、将来のネクストビートを担ってほしいと考えています。
CHRO/CHOとしては、社員のみなさんが「熱量高く業務に取り組める環境」と「成果にコミットしている方が正当に評価される仕組み」をつくっていきたいです。生産性高く業務に取り組めるよう、エコワーキングの推進や健康経営の取り組みを今後も強化していきます。完全実力主義を推進する評価制度や表彰制度ももちろん重要ですね。全社員にベンチャーならではの柔軟でダイナミックな成長機会を提供できるようにできればと思っています。

求めるのではなく、自ら率先して動ける人に来てほしい

創業2年目に参画した時から今に至るまで、大小様々な壁を乗り越えてきました。そのほとんどは会社も自分も過去経験したことのない壁でした。乗り越えるために必死に試行錯誤を繰り返し、やっと解決したと思ったら、また目の前に新たな壁、それもより大きな壁が立ちふさがっている…ベンチャーで会社や事業を新たに創り出し、大きくしていくというのはこの繰り返しです。当然、自分自身が成長をしない限りは会社も事業も成長していきませんし、壁に挑むことを辞めたらそこで成長は止まってしまいます。
会社や事業の成長が自分の成長と直結している状況は、大きなプレッシャーもありますし、正直大変なことの方が多いです。ただ、この環境で毎日試行錯誤を繰り返し、壁を乗り越え続けた経験は人を圧倒的に強くしてくれると感じます。
これからの変化の激しい時代において、どんな環境でもサバイブできる力は何にも代えがたい「実力」になります。本物の「実力」をつけたい方、挑戦し続けたい方に是非ジョインしてほしいと思っています。

INTERVIEW

何もないところから 会社を作り上げていく、 絶好の成長機会を

執行役員 CHRO/CHO

澄川 恵美子 Emiko Sumikawa

東京大学大学院医学系研究科卒。在学中はラオスにてJICA(独立行政法人 国際協力機構)と発展途上国の支援に携わる研究を行う。2011年株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。新規事業開発や新卒採用、アプリマーケティングを担当した後、2015年同社を退職。2016年株式会社ネクストビートへCHROとして入社。2018年よりCHROに加え、CHOとして健康経営も管轄。2歳児の母。

壮大なビジョンへの道筋が見える会社

数あるスタートアップの中から、ネクストビートに参加した理由はいくつかあります。一番魅力に感じたのは、会社としての戦略・方針の立て方です。壮大なビジョンを掲げつつも、ただ夢を見ているわけでは決してなく、マクロ動向を踏まえ非常に着実で地に足のついた事業展開を行っています。実際に外部から大きな投資を受けることなく自分たちが生み出した利益で会社を回せていることや、現在展開している事業とビジョンとの繋がり、ビジョンへの道筋も感じられたことも私にとって大きかったです。入社以前に顧問として経営会議に参加する中でも、他のスタートアップとは異なる、絶妙なバランス感を感じたことを覚えています。
私が関わり始めた頃はまだ創業2年目で、すべてが本当に信じられないレベルでカオスでした(笑)。本当に何もない「ゼロの状態」というのはこういう状態なのだと改めて認識すると同時に、これまで非常に整った環境しか経験したことがなく、本当の意味でのゼロイチはやっていなかったんだな、ということを実感しました。「ゼロの状態」から会社を大きくしていく、という経験はこのフェーズでしか出来ないと思い、正式に社員として入社することを決めました。関わり始めてから4年が経ち整った部分も増えた一方、会社が成長するにつれて新たな壁も現れるため、今でもカオスと戦う日々が続いています。

一人ひとりの成長にコミットする組織にしたい

今この瞬間も、時代は目まぐるしく変化しています。このような環境で生き残るためには、自分の常識や価値観を定期的にアップデートし、変化に適応していかなければなりません。会社についても同じです。変化の中で会社が永続的に勝ち抜いていくためには、その会社に所属する全社員が常に成長し、変化に適応し続けないといけない。そのような機動力を実現するためには、変化をいち早く察知しその変化にスピーディーに適応できる、柔軟なマインドをもった方が最前線で意思決定する仕組みを整えたいと考えています。ネクストビートが新卒採用に力をいれているのもこのためです。柔軟な思考を持ち、変化に対応する能力の高い方に、将来のネクストビートを担ってほしいと考えています。
CHRO/CHOとしては、社員のみなさんが「熱量高く業務に取り組める環境」と「成果にコミットしている方が正当に評価される仕組み」をつくっていきたいです。生産性高く業務に取り組めるよう、エコワーキングの推進や健康経営の取り組みを今後も強化していきます。完全実力主義を推進する評価制度や表彰制度ももちろん重要ですね。全社員にベンチャーならではの柔軟でダイナミックな成長機会を提供できるようにできればと思っています。

求めるのではなく、自ら率先して動ける人に来てほしい

創業2年目に参画した時から今に至るまで、大小様々な壁を乗り越えてきました。そのほとんどは会社も自分も過去経験したことのない壁でした。乗り越えるために必死に試行錯誤を繰り返し、やっと解決したと思ったら、また目の前に新たな壁、それもより大きな壁が立ちふさがっている…ベンチャーで会社や事業を新たに創り出し、大きくしていくというのはこの繰り返しです。当然、自分自身が成長をしない限りは会社も事業も成長していきませんし、壁に挑むことを辞めたらそこで成長は止まってしまいます。
会社や事業の成長が自分の成長と直結している状況は、大きなプレッシャーもありますし、正直大変なことの方が多いです。ただ、この環境で毎日試行錯誤を繰り返し、壁を乗り越え続けた経験は人を圧倒的に強くしてくれると感じます。
これからの変化の激しい時代において、どんな環境でもサバイブできる力は何にも代えがたい「実力」になります。本物の「実力」をつけたい方、挑戦し続けたい方に是非ジョインしてほしいと思っています。