News

ニュース

  • ニュースリリース
  • 2019.06.14

エンジニア採用力強化を狙い、第二の開発拠点を京都に新設

株式会社ネクストビート(東京都渋谷区 代表取締役:三原誠司)は、第二の開発拠点を京都に新設します。当社は2013年末に、保育士の転職支援事業「保育士バンク!」で創業し、累計求職者12万人以上、業界トップクラスの求人を取り扱います。その後、ライフイベント領域・インバウンド領域・地方創生領域で合計9事業を展開しています。今春新入社員60名が加わり社員数は240名に急拡大。東京本社に加え、地方に6か所の営業所を構えていましたが、8月に新設する京都オフィスでは、開発組織を主体に置きます。

 

<京都オフィス概要>
開設日:2019年8月1日(予定)
所在地:京都府京都市下京区四条通烏丸東入ル長刀鉾町8京都三井ビルディング6F

 

京都を中心とした関西地方のエンジニア獲得、技術交流の活性化を目指す
京都オフィス新設の背景としては、エンジニアの獲得が第一義的にあり、京都を中心とする関西地方における新卒・中途へ就業機会を提供していきます。京都オフィスには、当社が展開する9事業の内、子育て情報メディア「KIDSNA」の開発をまずは移管し、Scala、TypeScriptを用いたWebサービス開発とSwift、Kotlinを用いたiOS、Androidアプリ開発を行う予定です。在京IT企業の京都進出が進む中、エンジニアコミュニティの更なる活性化に取り組んでいきます。

 

京都創業メンバー「事業を俯瞰し全体設計に取り組むエンジニア」募集!
エンジニア募集要項ページ: https://www.wantedly.com/projects/310042 

ネクストビートのエンジニアは、単なる開発者ではなく、マーケティング、デザイン、セールスなど他職種と密に関わり合いながらサービス開発に取り組みます。また、定期的な運用はベトナムのオフショア開発拠点に委託をし、できるだけサービスの拡大に最大限の注力ができる組織スタイルにしています。全員がサーバーサイド、フロントエンド両方の開発に携わるなど、自分の得意分野を活かしつつ、伸ばしていきたい分野にもチャレンジするスタンスを採用しており、俯瞰的な視点を持ったエンジニアの採用に注力しています。
京都オフィスは、当社のCTO衣笠嘉展が東京と行き来をしながら立ち上げをいたしますが、既に3名のエンジニアの勤務も確定いたしました。京都の地理的魅力や近年のIT企業進出の流れを鑑み、地域ならではのエンジニアコミュニティへの期待感を持って自ら志願する動きもみられました。

ネクストビートは、「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」というミッションのもと、事業展開の加速やサービス強化に向けた取り組みや体制づくりを積極的に行ってまいります。