NEWS

業界初「保育士・幼稚園教諭100%」のプレミアムシッターサービス「KIDSNA キズナシッター」リリース

2018.1.17
ニュース

株式会社ネクストビート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:三原誠司)は、ベータ版で限定公開中だった、業界で初めてとなる「保育士・幼稚園教諭の有資格者100%」で構成されたベビーシッターマッチングサービス「KIDSNA キズナシッター」(以下「キズナシッター」、iOSアプリ/Androidアプリ:無料)の正式版を1月17日(水)にリリースいたします。

共働きの家庭は増加の一途。高まる仕事と育児の両立の負担

女性の社会進出が進む中、専業主婦は減少し、共働き家庭は1000万世帯以上に増加しています。(下記表参照)合わせて、祖父母と3世代同居世帯が減少の一途を辿っており、仕事と育児の両立の負担が急増している様子がうかがえます。

ベビーシッターを利用しない理由は「ベビーシッターが信用できるか不安」

こうした状況を背景に、内閣府や厚生労働省はベビーシッターの利用料金の割引制度を実施、東京都は独自に月額28万円を上限に補助する新制度の導入を決めるなど、子育て支援の検討を推進しています。
しかし、まだまだ日本にベビーシッター文化が根付いているとは言い難く、「ベビーシッターが信頼できるか不安」といった理由からベビーシッターの利用が限定的になっているのが現状です。

ご登録者数60,000名以上だからできる「100%保育士・幼稚園教諭」の安全・安心なシッティング

当社は2013年から保育士・幼稚園教諭の転職支援サイト「保育士バンク!」を運営しており、これまでに業界トップクラスの累計60,000名以上の保育士有資格者の方にご登録頂いております。日々、保育士の方々の仕事探しをお手伝いする中で、「保育に関わる仕事を続けたいけれど、自身も子育てしながらフルタイムで働くのは難しい」「給与が低くて続けられない」などの声を聞くことも多く、保育士の資格を持っているものの保育士として働かないという潜在保育士が生まれるケースも少なくありません。
そこで、保護者の子育て支援と潜在保育士の就労支援の両立を実現するべく、保育・幼児教育の国家資格である「保育士」「幼稚園教諭」の有資格者のみが登録できるベビーシッターサービスを開始することになりました。「ベビーシッターが信頼できるか不安」という方にこそご利用いただきたい、「100%保育士・幼稚園教諭」のサービスです。

入会費・年会費は完全無料。料金は1時間1,600円から利用した分だけ

【「キズナシッター」の料金概要 】
■ 入会費:0円
■ 年会費:0円
■ 利用料:1,600円~/時間
通常のベビーシッターサービスの場合、入会金や年会費がかかるケースも多い中、当社の「キズナシッター」は、入会費も年会費も一切不要の完全無料としました。利用料金は、1時間1,600円からで、利用した分だけお支払いいただくので、無駄がありません。また、シッティング料金は、ベビーシッター自身が設定できる仕組みとなっており、ベビーシッター自身の頑張りによって収入をアップさせることが可能となっています。

登録しているベビーシッターは、全員対面での審査をクリア。全員が保険に加入

ベビーシッターの登録にあたっては、厚生労働省のガイドラインを遵守し、「全員と対面での面談/審査」を行い、安心・安全の実現に努めます。さらに、シッティング中のお子様の万一の怪我や事故に備え、ベビーシッターは全員、専用の賠償責任保険に加入済みとなっています。

専用アプリで、プロフィール・顔写真・利用者レビューを事前に確認できるから安心

シッティングのマッチングには、専用のスマートフォンアプリを提供し、保護者はベビーシッターのプロフィールや顔写真、過去の利用者のレビューなどを参考にシッティングの依頼を行うことができます。
今回運営を開始する「キズナシッター」は、業界初の「保育士・幼稚園教諭の有資格者100%」による「安心・安全・高品質」なプレミアムシッターサービスです。保護者の子育て支援をするとともに、潜在保育士が保育業務を続けられる環境作りに繋がるよう、真摯にサービスを提供してまいります。
※当社の「キズナシッター」は、一般社団法人シェアリングエコノミー協会に所属しています。

【アプリのダウンロード】

iPhoneアプリ
Androidアプリ

キズナシッターのウェブサイト

----------------------------------------------------

【株式会社ネクストビート】

本社所在地:東京都品川区
代表取締役:三原誠司
事業内容:インターネットを活用した各種コンテンツ・サービスの企画・開発。また、インターネットを活用した各種マーケティング支援事業も実施。「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」を企業理念として掲げ、ITビジネスを通じてニッポンの社会課題に貢献する事業を展開しています。
HP:https://www.nextbeat.co.jp/

関連する記事