News

ニュース

  • メディア掲載情報
  • 2019.10.03

NIKKEI STYLEで当社CTOの衣笠嘉展が紹介されました

NIKKEI STYLEで、当社CTOの衣笠嘉展が紹介されました。

毎日半休1カ月半 執行役員パパが挑んだ3人の子育て

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO50145580U9A920C1000000?channel=DF130120166018&style=1

(部分抜粋)

・「今春入社した社員が全社員の4分の1を占め、社員の平均年齢は29.1歳――。2013年に創業した保育士の転職支援などを手掛けるネクストビート(東京・渋谷)は、急成長期を迎えた若い会社だ。平均年齢35.6歳という役員らが背中を見せる形で進む同社の両立支援施策について、お届けする。妻が3人目を出産後、計画的に1カ月半、毎日半休を取り続けた、執行役員で最高技術責任者(CTO)のエンジニアパパに登場していただく。「育休」とは一味違う、「毎日半休」という家族の支え方について聞いた」というもの。

・「毎日半休」を取る前は不安もあったという。「正直、踏ん切りがつくまでは迷いもありました。現場の人と会話できる時間が減るので、現場が不安に感じないだろうか、など心配でした」2013年に創業したばかりの同社。スピード感を持って成長している真っただ中に、最高技術責任者である衣笠さんが半休とはいえ1カ月半も休むという空白は大きくはなかったのだろうか。「だからこそ3カ月前から社長と話し合い、目標設定もしました。子どもを寝かしつけた後に自宅で働くこともありました。仕事量はほぼ減らしていません。あえていうなら、15時半に退社していたので、採用面接を別の人にお願いしたり、社外の人と付き合う時間を短くしたり、という工夫はしました。その期間は大変でしたが、前もって準備していたので、大丈夫でしたね」

・ネクストビートは、保育士の就職転職支援事業など子育て支援分野を中心としたライフイベント事業のほか、インバウンド事業、地方創生事業などさまざまな領域でインターネット事業を行っているが、昨年から保育士・幼稚園教諭・看護師の有資格100%のベビーシッターのマッチングサービス「キズナシッター」もスタート。今回、自社のサービスをユーザーとして利用してみたことで、使い勝手などに関して気づきを得られる利点もあったという。

 

衣笠も利用している、当社のシッターサービスご関心ありましたら是非ご活用ください。業界初・保育士・幼稚園教諭・看護師有資格者100%のシッターサービスになります。

→キズナシッターを利用してみたい保護者の方はこちら

イメージ