News

ニュース

  • ニュースリリース
  • 2019.10.04

ベビーシッターが幼保無償化の対象に! 保育士など有資格者100%のベビーシッターサービス「キズナシッター」も対象へ

保育士・幼稚園教諭・看護師100%のベビーシッターマッチングサービス「KIDSNAキズナシッター」を運営する株式会社ネクストビート(東京都渋谷区、代表取締役社長:三原誠司)は、10月から施行された幼保無償化の対象にベビーシッターが認定されたことをお知らせします。キズナシッターにも、自治体から幼保無償化の認定を受けたサポーターが複数在籍しており、保育のプロによるシッティングをお手頃な価格でご利用頂けるようになります。

10月1日から施行の「幼保無償化」において、ベビーシッターも対象となることが決定しました。ベビーシッターは「認可外保育施設」の一つとして認定されます。補助内容は下記の通りです。

幼稚園や保育園・認定こども園に通っていない3歳から5歳のお子さま 月額3.7万円まで補助
幼稚園に通うお子さまが預かり保育としてベビーシッターを使う 月額1.13万円まで補助
0歳から2歳までの住民税非課税世帯のお子さま 月額4.2万円まで補助

※幼稚園の預かり保育や認可外保育施設等は、お住まいの市区町村から「保育の必要性の認定」を受けた場合、無償化の対象となります。詳細は、内閣府サイトをご覧ください。

※キズナシッターでは幼保無償化認定を受けたシッターを絞り込み検索いただけます。

●保育のプロによるシッティングをお手頃に
キズナシッターでは、幼保無償化のタイミングを捉え、期間限定のクーポンも初回利用者向けに配布開始いたしました。是非ご活用ください。

●子育てや教育にかかる費用が少子化の要因のひとつ
内閣府の資料によると、幼児教育・保育無償化の狙いについて【少子化対策】と【幼児教育の重要性】であると公表しています。調査によると20代や30代の世帯が理想の子どもの数を持たないのは「子育てや教育にお金がかかる」ことが最大の理由となっているようです。

保育園などの集団保育に加え、今回個別保育であるベビーシッターも新たに子育て支援のインフラとして実質的に認定されたことをうけ、より多くの方が子どもをもつという選択肢を検討頂けるようになればと思っています。

(内閣府)幼児教育の無償化に係る参考資料 

●保育の担い手である「保育士」にも目を向けてほしい
子育て世帯の負担軽減に関する国をあげての施策が前進した一方で、子育て支援の担い手である保育施設の負担増も懸念されています。

当社は「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」という理念を掲げ、2013年に創業しました。

保育士向けの就職・転職支援サービス「保育士バンク!」は、求職者の累計登録数が13万人以上になります。今後も、保育士の方々が、ご自身の保育観に通じる職場で、納得できる諸条件のもと、やりがいを持って働き続けることができるようご支援を目指していきます。

あわせて、保育園の業務効率化を支援するICTシステム「キズナコネクト」の開発や、保育士の多様な働き方を支援することにもつながる、有資格者100%のシッターサービス「キズナシッター」の更なる拡充を進めてまいります。

<関連URL>
保育士・幼稚園教諭・看護師有資格者100%のシッターサービス「キズナシッター」https://sitter.kidsna.com/
保育士の就職・転職支援サービス「保育士バンク!」https://www.hoikushibank.com/
保育園の業務効率化支援システム「キズナコネクト」https://kidsna-connect.com/site/

以上