News

ニュース

  • 調査リリース
  • 2020.01.07

保育士の転職、約8割が転職サイトを活用。新年度に向け加速する保育士就職活動前線

累計13万人以上が登録する保育士・幼稚園教諭向け転職支援事業「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビート(東京都渋谷区、代表取締役社長:三原誠司)は、保育士の転職・キャリアに関するアンケート調査を実施いたしました。この度「保育士バンク!」利用者69名から回答を頂き、結果をまとめましたので概要をお知らせします。

 

【調査サマリー】

 ・約8割の保育士が転職サイトに登録。インターネットを利用した転職活動が主流であることがわかる。

転職サイトを選ぶ際に重視している点は、サイトの「口コミ・評判」と回答した方が約7割と最も多い結果に。次いで「キャリアアドバイザーに相談できること」「求人掲載数」がそれぞれ約5割前後。「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」が約4割と、キャリアアドバイザーを重視する傾向も強い。

 

Q.転職活動で活用しているものを教えてください。(複数回答可)

 

約8割の保育士が転職サイトに登録。インターネットを利用した転職活動が主流であることがわかる。

 

Q.転職サイトで何が大事だと思いますか。(複数回答可)

転職サイトを選ぶ際、「口コミ・評判」を重視する保育士が約7割で首位。「キャリアアドバイザーに相談できること」「求人掲載数」が5割前後、「キャリアアドバイザーとの相性の良さ」が約4割と、キャリアアドバイザーを重視する傾向も強い。

 

Q「保育士バンク!」の良かった点を教えてください。(複数回答可)

当社が運営する保育士・幼稚園教諭向け転職支援事業「保育士バンク!」をお選び頂いて良かった声としては、「求人掲載数の多さ」が46.4%とトップ。「サイトの見やすさ」が39.1%、「キャリアアドバイザーの対応のスピード」30.4%、「キャリアアドバイザーの対応の質」24.6%と続いた。

 

【調査概要】
調査対象:「保育士バンク!」に会員登録をしている保育士
調査期間:2019年11月6日~2019年11月18日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:保育士 69名

 

以上