News

ニュース

  • 調査リリース
  • 2020.01.30

転職先は「職場の雰囲気」を最重視。保育士の9割が人間関係に悩み

累計17万人以上が登録する保育士・幼稚園教諭向け転職支援事業「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビート(東京都渋谷区、代表取締役社長:三原誠司)は、保育士の人間関係の悩みに関するアンケート調査を実施いたしました。この度「保育士バンク!」利用者275名から回答を頂き、結果をまとめましたので概要をお知らせします。

 

【調査サマリー】
・約8割の方が転職する際に「職場の雰囲気」を重視。
「人間関係に悩みはあるが、他の理由で転職を決意した」という方が46.9%でトップ。次いで、「人間関係が、転職の直接的理由である」という方が42.2%。約9割の方にとって、人間関係の悩みが転職理由の一つになっていることがわかる。
・「園長/施設長」との人間関係に悩んでいたという方が54.3%で首位。「同僚」が53.4%、「主任」が46.1%と続いた。

 

Q.転職する際に重視する(重視したい)ポイントを3つまで教えてください。

約8割の方が転職する際に「職場の雰囲気」を重視している。

 

Q.転職理由の一つとして「人間関係の悩み」はありましたか?

「人間関係に悩みはあるが、他の理由で転職を決意した」という方が46.9%でトップ。次いで、「人間関係が、転職の直接的理由である」という方が42.2%。約9割の方にとって、人間関係の悩みが転職理由の一つになっていることがわかる。

 

Q.どなたとの人間関係に悩んでいましたか?(複数回答可)

「園長/施設長」との人間関係に悩んでいたという方が54.3%で首位。「同僚」が53.4%、「主任」が46.1%と続いた。

 

Q.人間関係に悩んでいた方にお聞きします。具体的なエピソードがあれば教えてください。

回答一部抜粋:
・「園長に正しいことを伝えていても怪訝な態度をとられ、最終的にこちらが悪いような雰囲気が作られる」(東京都、30代、男性、保育士)
・「園長の機嫌で保育園の雰囲気が悪くなる」(青森県、50代、女性、保育士)
・「同僚に挨拶などを無視されたり、やり方など教えてもらえなかった」(埼玉県、30代、女性、保育士)
・「攻撃的な同僚がいて、嫌味を言われたり、無視されていた。それぞれの職員の仕事量が多く、質問や話などがしづらい雰囲気がある」(東京都、20代、女性、保育士)

 

今回の調査では、約8割の方が転職する際に「職場の雰囲気」を重視、9割近くの方が転職理由の一つとして人間関係の悩みを持っていることがわかりました。一方で、就職活動や転職活動の際、職場の雰囲気や人間関係の内情を自身だけで知ることはとても難しいことです。「保育士バンク!」では、各施設の園長先生や採用担当の方がどのような保育士を求めているのかをヒアリングし記録したり、キャリアコンサルタントが面談の際に、保育士の方から前職の情報をヒアリングさせていただき、各園の特色やどういった転職理由をお持ちなのか等の情報を日々蓄積しています。「保育士バンク!」では、今後も、園とのマッチングを重視し、保育士の方がやりがいを持ち長く働けるよう、就業・転職先のご提案をしてまいります。

 

【調査概要】
調査対象:「保育士バンク!」に会員登録をしている保育士
調査期間:2020年1月15日~2020年1月20日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:保育士 275名

以上