INTERVIEW

デザイナーから事業責任者を輩出する。

デザイン マネージャー

原 崇TAKASHI HARA

INTERVIEW

デザイナーから事業責任者を輩出する。

Q.ネクストビートへの入社理由を教えてください

経緯としては、ネクストビートが全社的に推進している「リファラル採用」でした。子育て情報メディア「KIDSNA」編集長の加藤さんとは前職で同じ会社で、自宅の最寄り駅も一緒。カジュアルなLINEのやりとりの中で「デザイナー組織の立ち上げメンバーに興味ない?」と誘われたことがきっかけでした。
「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」。このヴィジョン・ミッションにも強く共感できたのですが、決め手は加藤さんがとても活き活きしていたことです。「忙しいけれど、充実している。色々なチャレンジができる」とすごく輝いて見えました。前の会社でもクリエイティブのマネージャー職でしたが、保守・運用が多く、自身のアウトプットの物足りなさを感じていて、お互いに高め合える環境に身を置きたいという想いもありました。五反田時代のオフィスを訪問して代表の三原さんにもお話を伺って、自分の希望と重なる環境だと感じて入社を決めました。

Q.現在の仕事内容を教えてください。

入社当時から、保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サイト「保育士バンク!」に関連するデザインを担当しています。WEBやアプリのUI/UXデザインだけでなく、パンフレットなど紙媒体などデザインの幅は広いです。ユーザーに最適な体験を提供するために、ワイヤーフレームの案出しやプロトタイプでの検証など、最善のデザインになるよう常に試行錯誤を続けています。最終的なアウトプットとして事業のKPIの数値としてどれだけコミットを出来ているかを常に意識していますね。
また、デザイン組織を育てる過程で、新たに導入した施策が2つあります。ひとつは、デザインツールのSketchの採用です。UI設計に特化したツールとして業界内で有名でしたが当時は未導入。エンジニアや役員の賛同を得て基本ツールとして採用しました。さらに、デザインシステムも刷新しました。組織全体でプロダクトを運用していくために、より効率的で一貫性を保てるAtomic Designという手法を取り入れています。新しい手法やトレンドを積極的に取り入れ、デザイナーが高いパフォーマンスを発揮できる環境作りも重要な仕事です。

Q.仕事のやりがいや喜びを教えてください。

事業の課題を解決し、成長のアクセルを踏ませることが大事だと考えています。UI/UXデザインの改善提案は、ユーザーやセールスチームが持つ課題感を探ることから始まります。それをプロダクトのデザインを通じてどう解決できるか。仮説を立て、マーケティングや開発担当とも議論を交わしながら、デザインに改良の余地がないか探っていきます。直近では、2月に「保育士バンク!」で求人をより精度が高く絞り込めるように改善しました。これはデザイン発の提案でしたが、マーケティング観点から工夫や効果をインターンの関根さんから意見をもらって進めた企画です。部署や年齢に関係なく優秀な方々と共に事業を成長させていくのは良い刺激で、自分の成長を実感し続けられる環境も魅力的です。
成し遂げたいことしては、デザインの力でビジネスを最大限に加速させたいと考えています。そういう観点で人材育成をしていきたくて、どこの企業に行っても通用出来るメンバーにしたい。クリエイティブなだけでなく、きちんとビジネス視点を持ち、それをアウトプットして事業に対して成果を出し続ける人材にしたい。その為には、個々の特意分野を更に伸ばせるような仕組み、足りないところをお互いに改善し合えるような環境を構築したいです。デザインから新たな事業責任者を出すことも具体的な目標として掲げています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

事業に対しても、世の中に対しても貢献し続けたいという思いがあります。会費制結婚式の会場紹介サイト「1.5次会.com」のリニューアルや宿泊業界に特化した就職・転職支援サービス「おもてなしHR」の立ち上げもフォローアップしており、主力である「保育士バンク!」で得たノウハウを活かして、今後も横断的に活動したいです。自分自身、地方出身者故に危機感を強く抱いていますが、人口減少社会にも常に当事者目線で価値貢献していく姿勢を貫きたいです。

ONE DAY

一日の流れ
09:45
出社
毎朝、会社駅前のコーヒーショップに立ち寄りくつろいで出社
10:00
朝会
担当プロダクトとデザインチームとそれぞれ行います。個々のタスクや進捗の共有を行っていますが、最近気になった事など和気あいあいとみんなで話をしています
10:30
ワイヤーフレーム作成
改善提案したタスクのワイヤーフレームを作成。デザインツールを使う事もありますが、素早くガリガリと色々なアイデアを描けるので手書きで描くことが多いです。
13:00
ランチ
週1回は、デザインチームのみんなで恵比寿ランチ!グルメ好きメンバーも多く、いつも美味しいお店を選んでくれます。
14:00
ブレーンストーミング
担当プロダクトのエンジニアやマーケティングのメンバーとブレスト!SEOの観点や新機能の要件定義など関係者の意見を集約しながら、仕様の詰めを行います。
15:00
モックアップ作成
モックアップ作成では、Sketchを利用することが多いです。Atomic Designの導入もあるので、画面をデザインと言うよりコンポーネントシステムを設計する形で必要な画面を定義化していきます。
18:00
プロトタイプ作成
プロトタイプを作成する事でより最終的なユーザー体験に近い形となるので、UI/UXのチェックやインタラクションの方向性などを決め為の材料として作成をします。
19:00
採用面接
デザイナーの中途採用を行っており、採用面接をさせて頂く機会も多いです。
20:45
帰宅
弊社のワークスタイルとして21:00完全退社が原則ですので、21時には必ず帰宅します。自分自身のプライベートな時間も大切にしています。

OTHER INTERVIEW

デザイン マネージャー

原 崇TAKASHI HARA

Q.ネクストビートへの入社理由を教えてください

経緯としては、ネクストビートが全社的に推進している「リファラル採用」でした。子育て情報メディア「KIDSNA」編集長の加藤さんとは前職で同じ会社で、自宅の最寄り駅も一緒。カジュアルなLINEのやりとりの中で「デザイナー組織の立ち上げメンバーに興味ない?」と誘われたことがきっかけでした。
「人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする」。このヴィジョン・ミッションにも強く共感できたのですが、決め手は加藤さんがとても活き活きしていたことです。「忙しいけれど、充実している。色々なチャレンジができる」とすごく輝いて見えました。前の会社でもクリエイティブのマネージャー職でしたが、保守・運用が多く、自身のアウトプットの物足りなさを感じていて、お互いに高め合える環境に身を置きたいという想いもありました。五反田時代のオフィスを訪問して代表の三原さんにもお話を伺って、自分の希望と重なる環境だと感じて入社を決めました。

Q.現在の仕事内容を教えてください。

入社当時から、保育士・幼稚園教諭向けの転職支援サイト「保育士バンク!」に関連するデザインを担当しています。WEBやアプリのUI/UXデザインだけでなく、パンフレットなど紙媒体などデザインの幅は広いです。ユーザーに最適な体験を提供するために、ワイヤーフレームの案出しやプロトタイプでの検証など、最善のデザインになるよう常に試行錯誤を続けています。最終的なアウトプットとして事業のKPIの数値としてどれだけコミットを出来ているかを常に意識していますね。
また、デザイン組織を育てる過程で、新たに導入した施策が2つあります。ひとつは、デザインツールのSketchの採用です。UI設計に特化したツールとして業界内で有名でしたが当時は未導入。エンジニアや役員の賛同を得て基本ツールとして採用しました。さらに、デザインシステムも刷新しました。組織全体でプロダクトを運用していくために、より効率的で一貫性を保てるAtomic Designという手法を取り入れています。新しい手法やトレンドを積極的に取り入れ、デザイナーが高いパフォーマンスを発揮できる環境作りも重要な仕事です。

Q.仕事のやりがいや喜びを教えてください。

事業の課題を解決し、成長のアクセルを踏ませることが大事だと考えています。UI/UXデザインの改善提案は、ユーザーやセールスチームが持つ課題感を探ることから始まります。それをプロダクトのデザインを通じてどう解決できるか。仮説を立て、マーケティングや開発担当とも議論を交わしながら、デザインに改良の余地がないか探っていきます。直近では、2月に「保育士バンク!」で求人をより精度が高く絞り込めるように改善しました。これはデザイン発の提案でしたが、マーケティング観点から工夫や効果をインターンの関根さんから意見をもらって進めた企画です。部署や年齢に関係なく優秀な方々と共に事業を成長させていくのは良い刺激で、自分の成長を実感し続けられる環境も魅力的です。
成し遂げたいことしては、デザインの力でビジネスを最大限に加速させたいと考えています。そういう観点で人材育成をしていきたくて、どこの企業に行っても通用出来るメンバーにしたい。クリエイティブなだけでなく、きちんとビジネス視点を持ち、それをアウトプットして事業に対して成果を出し続ける人材にしたい。その為には、個々の特意分野を更に伸ばせるような仕組み、足りないところをお互いに改善し合えるような環境を構築したいです。デザインから新たな事業責任者を出すことも具体的な目標として掲げています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

事業に対しても、世の中に対しても貢献し続けたいという思いがあります。会費制結婚式の会場紹介サイト「1.5次会.com」のリニューアルや宿泊業界に特化した就職・転職支援サービス「おもてなしHR」の立ち上げもフォローアップしており、主力である「保育士バンク!」で得たノウハウを活かして、今後も横断的に活動したいです。自分自身、地方出身者故に危機感を強く抱いていますが、人口減少社会にも常に当事者目線で価値貢献していく姿勢を貫きたいです。

ONE DAY

一日の流れ
09:45
出社
毎朝、会社駅前のコーヒーショップに立ち寄りくつろいで出社
10:00
朝会
担当プロダクトとデザインチームとそれぞれ行います。個々のタスクや進捗の共有を行っていますが、最近気になった事など和気あいあいとみんなで話をしています
10:30
ワイヤーフレーム作成
改善提案したタスクのワイヤーフレームを作成。デザインツールを使う事もありますが、素早くガリガリと色々なアイデアを描けるので手書きで描くことが多いです。
13:00
ランチ
週1回は、デザインチームのみんなで恵比寿ランチ!グルメ好きメンバーも多く、いつも美味しいお店を選んでくれます。
14:00
ブレーンストーミング
担当プロダクトのエンジニアやマーケティングのメンバーとブレスト!SEOの観点や新機能の要件定義など関係者の意見を集約しながら、仕様の詰めを行います。
15:00
モックアップ作成
モックアップ作成では、Sketchを利用することが多いです。Atomic Designの導入もあるので、画面をデザインと言うよりコンポーネントシステムを設計する形で必要な画面を定義化していきます。
18:00
プロトタイプ作成
プロトタイプを作成する事でより最終的なユーザー体験に近い形となるので、UI/UXのチェックやインタラクションの方向性などを決め為の材料として作成をします。
19:00
採用面接
デザイナーの中途採用を行っており、採用面接をさせて頂く機会も多いです。
20:45
帰宅
弊社のワークスタイルとして21:00完全退社が原則ですので、21時には必ず帰宅します。自分自身のプライベートな時間も大切にしています。

他のインタビューを見る