INTERVIEW

ユーザーに愛されるデザインを。

デザイン

原田 誠一朗SEIICHIRO HARADA

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

ネクストビート デザイン 原田誠一朗

出身大学である東京藝術大学では現代アートを専攻していて、自身の表現につながりそうなものはすべて学んでいました。私の作品に「空想地図」と題して、自分が経験したことを地図に置き換えて描いているイラスト作品があるのですが、観る人に喜んで欲しいとか惹きつけるためにどうしたら良いかを常日頃から考えており、そこから映像作品や立体作品などに展開させていました。
卒業後はその気持ちそのままにモノづくりがしたく、デザイナー職につきたいと考え就職活動をしていたのですが、急成長中のベンチャーが最も学びが多い環境のように感じました。今までやってきたことを商業に置き換え、今より視野を広げてユーザーに愛されるサービス(モノづくり)を実現できると思ったからです。
新卒ではゲーム事業主体のITベンチャー企業に入社しました。人を楽しませるコンテンツづくりにやりがいを感じましたが、ゲームという世界は既にブランドが完成されてしまっていて、もっとゼロからデザインに取り組める商材を扱う企業への転身を志すようになりました。そんなときに知人の紹介でネクストビートに出会いました。ネクストビートは社会への価値貢献をミッションとしたサービスを次々に生み続けており、この会社であれば「ゼロからのモノづくり」を実践し続けられると感じました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

入社した時期ちょうど会社のリブランディングをしていたので、まずはコーポレートデザイン関係の仕事から始めましたね。ネクストビートブランドの一貫性を担保すべく、ノベルティのロゴの置き換えなど、細かいところまでケアをさせて頂きました。その後は自社サービスのデザインに比重を移していき、複数のプロダクトのバナーやLPEFの制作を担当させて頂いたり、ワイヤーフレームの作成を通して競合サービスの分析もしていましたね。
現在は、子育て情報メディア「KIDSNAキズナ」のデザインを主に担当しています。アプリ版のリニューアルに備えて、実際に子育てをされている方へのインタビューを行っており、そこから現状の課題点やユーザーの本質的な要求を見極めているところです。改良のためのシナリオを描き、具体化するための設計に落とし込み、質の高いアウトプットにつなげられればと思っています。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

ネクストビート デザイン 原田誠一朗

ユーザーの反響を確認しやすい環境、裁量権の大きさ、職場の人間関係がモチベーションにつながっているかなと思います。ネクストビートは部署間のコミュニケーションが活発で、営業やカスタマーサポートの方とも密なコミュニケーションをとれるので、ユーザーの声を身近に感じながら仕事ができています。学生時代から「受け手」を意識したモノづくりをしていくことに重きを置いているので、ここが達成されていることへの満足度は大きいですね。
裁量権の大きさも特色かと思います。要件定義からコンセプト設計、ビジュアル制作まで一気通貫して行うことが求められます。大変ではありますが、幅広いスキルの習得につながり短期間で経験値があげられるので、やりがいがありますね。
職場の雰囲気もすごく良いです!平均年齢が若いネクストビートとしてはめずらしく、ベテランのデザイナーが多く、私が唯一の20代です。5人というコンパクトなグループ構成で、素早く的確なアドバイスを頂けており、非常にありがたいです。学び多い環境を活かし、自分のスキルをあげ、ユーザーに愛されるサービスづくりに貢献していければと思っています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「Full Honesty」です。

事業に寄り添ったデザインをしていくためには、まずは社員に「デザイナーの仕事内容・役割」を認知してもらうことが必要だと思っています。その為に常にオープンなコミュニケーションを心がけています。
サービスの改良をしていく場面では、部署間の信頼関係も重要です。相手の立場を理解した上でのディスカッションをしたいので、他部署の雰囲気を掴むためにフロアを移動して作業することも多いです。デザイナーとして役立てる場面を、自ら増やしていきたいですね。

ONE DAY

一日の流れ
09:15
出社
月に1度ある「朝活」に参加するのが楽しみです。会社側が、他職種の方との交流の場として、朝ごはんを無償提供してくれる貴重な時間です!
10:00
朝会
デザインチーム内でタスク整理・進捗報告をホワイトボードと付箋を使って行います。
10:30
ノベルティ制作
午前中は担当しているサービス以外の業務をしており、イベントで配布するグッズの制作や発注等をすることもあります。
12:00
昼食
午後に向けての気持ちの入れ替えも兼ねて、近場のお店を開拓しています。
13:00
担当サービスの作業
記事のサムネイル画像やバナーを作成したり、CVRを上げるためのUI改修を行っています。
15:00
ミーティング
エンジニアや営業など他職種の方新機能についての話し合いを行い、仕様が見えてきたら作業に移ります。
15:30
作業
ミーティングの内容踏まえて、タスク整理・アウトプット・作業を行っています。
20:00
退社
デザインチームの先輩と近場へ飲みに行くこともあります!

OTHER INTERVIEW