INTERVIEW

エンジニアから新規事業のディレクターに。サービスが成長していく過程を仲間と一緒に体感したい!

Direction

堀田 冴美SAEMI HORITA

INTERVIEW

エンジニアから新規事業のディレクターに。サービスが成長していく過程を仲間と一緒に体感したい!

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

 

大分大学で情報系の学科に在籍していたことから、新卒で大分のシステム開発会社にエンジニアとして入社しました。主に受託案件の担当をしていたのですが、2年目の時に東京支社に転勤に。今思えばそれが最初の転機だったと思います。受託案件を受け持ったり、SES(クライアント企業に常駐しての勤務)などの経験を積んでいく中で、ご依頼頂く企業様の「自社サービスにかける想い」に触れる機会が多くあり、その頃から自社サービスへの興味を持ち始めました。タイミング良く、常駐先だった医療系のIT企業様にお声がけを頂き1回目の転職を決意。転職後、ある案件をディレクターの方と2人で新規開発する機会があったのですが、ディレクターの方が仕様決めやデザインなどをエンジニアである私にも意見を聞いて取り入れてくださり、企画立案や仕様決め、UI/UXなどにも関わることができました。その方との出会いをきっかけに、今までエンジニアの目線でしか見えていなかったサービスというモノを、企画やサービスグロースの観点から見始めるようになり、より深くサービスグロースに携わることが出来るディレクション業務に興味を持ちました。「自社サービスを成長させてみたい」そんな想いのもと、2回目の転職活動を始めました。ネクストビートは、事業会社かつ未経験でもディレクションを担うことができる会社を探しているうちに知りました。決め手となったのは、選考プロセスにおいて、「私は活躍できなさそう」とか「なんか違うかも」という違和感を全く感じなかったことですね。未経験であることを理解していただいた上で、ディレクターとして活躍できるチャンスがあると感じ、この会社で経験を積みたいと思えました。キャリアチェンジには不安もありましたが、自身を成長させるためにもこの決断は正しかったと思っています。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

主に2つのプロダクトのディレクション業務を行なっています。ゲストへのおもてなしを重視した結婚式会場を紹介する「おもてなしブライダル」と、宿泊業界に特化した就職転職支援サービスである「おもてなしHR」です。各部署(営業・開発・デザインなど)から上がってくる企画や改善要望などを、企画書・仕様書に落とし込み、デザイナーやエンジニアの方と連携してサービスサイトの改善を行ったり、施策の立案やその効果検証を行なったりしています。普段は、営業の方とどういったサイトコンテンツにするか細かく議論するときもあれば、デザイナー・エンジニアの方とどのような機能にしたらユーザーが使いやすいかを考える時もありますし、マーケの方とどんな内容のDMを配信するかを話す時もあります。部署を問わず、いろいろな方と関わる業務が殆どです。ディレクターの経験なしで入社したので、進め方やコミュニケーションの取り方など、悩んだり戸惑ったりすることもありますが、その分試行錯誤しながら実践し、日々成長できている実感があります。また、業務を進める中でエンジニアの時の経験が活きているなと感じることもあります。例えば、エンジニアに依頼をする側と、実際に作業をするエンジニアでは、工数見積もりや依頼内容の認識などの感覚に多少のズレが生じることが経験上よくありました。エンジニアとして働いていたことがあるこそ、そのズレを自身の経験と照らし合わせて、工数を見積もったりリスクを事前に検知することができていると思います。リリース前の動作確認もきちんと行います。単体テスト・結合テストは前職・前々職で嫌というほどやってきていたので、その経験も活かしながら、改修部分に問題がないか動作チェックをします。リリース手前で不具合を見つけ、万全の状態でリリースできたときは嬉しいですね。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

営業の方やエンジニア・デザイナーの方と議論しながら、何かを作り上げていくということが楽しいです。正解を見つけることはなかなか難しいですが、成功も失敗もその一つひとつが大切な経験になっています。組織と組織ではなく、人と人とで仕事をするという感覚を大事にしたいので、「堀田さんと一緒の案件だと楽しい」であったり、「堀田さんがディレクターでよかった」、「今まで関わってきたディレクターの中で一番やりやすい」と関わる方に思ってもらえるのが一番嬉しいですし、それが自身のモットーでもあります。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか。

「Full honesty」です。

人やプロダクトと誠実に向き合うことが最も大事であり、全ての結果に繋がると思います。ディレクターとして、営業・開発・デザイン・マーケティング・制作など全ての部署の方と関わるからこそ、コミュニケーションの取り方やどういった言葉を使うかは特に意識していて、相談しやすい・話しかけやすい関係性を築きたいと思っています。例えば、エンジニア・デザイナーの方の手を止めないようにできるだけ即レスを心がけたり、伝えたい内容ができるだけ素早く把握してもらえるように、言葉や表現を簡潔にすることを意識しています。

OTHER INTERVIEW

Direction

堀田 冴美SAEMI HORITA

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

 

大分大学で情報系の学科に在籍していたことから、新卒で大分のシステム開発会社にエンジニアとして入社しました。主に受託案件の担当をしていたのですが、2年目の時に東京支社に転勤に。今思えばそれが最初の転機だったと思います。受託案件を受け持ったり、SES(クライアント企業に常駐しての勤務)などの経験を積んでいく中で、ご依頼頂く企業様の「自社サービスにかける想い」に触れる機会が多くあり、その頃から自社サービスへの興味を持ち始めました。タイミング良く、常駐先だった医療系のIT企業様にお声がけを頂き1回目の転職を決意。転職後、ある案件をディレクターの方と2人で新規開発する機会があったのですが、ディレクターの方が仕様決めやデザインなどをエンジニアである私にも意見を聞いて取り入れてくださり、企画立案や仕様決め、UI/UXなどにも関わることができました。その方との出会いをきっかけに、今までエンジニアの目線でしか見えていなかったサービスというモノを、企画やサービスグロースの観点から見始めるようになり、より深くサービスグロースに携わることが出来るディレクション業務に興味を持ちました。「自社サービスを成長させてみたい」そんな想いのもと、2回目の転職活動を始めました。ネクストビートは、事業会社かつ未経験でもディレクションを担うことができる会社を探しているうちに知りました。決め手となったのは、選考プロセスにおいて、「私は活躍できなさそう」とか「なんか違うかも」という違和感を全く感じなかったことですね。未経験であることを理解していただいた上で、ディレクターとして活躍できるチャンスがあると感じ、この会社で経験を積みたいと思えました。キャリアチェンジには不安もありましたが、自身を成長させるためにもこの決断は正しかったと思っています。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

主に2つのプロダクトのディレクション業務を行なっています。ゲストへのおもてなしを重視した結婚式会場を紹介する「おもてなしブライダル」と、宿泊業界に特化した就職転職支援サービスである「おもてなしHR」です。各部署(営業・開発・デザインなど)から上がってくる企画や改善要望などを、企画書・仕様書に落とし込み、デザイナーやエンジニアの方と連携してサービスサイトの改善を行ったり、施策の立案やその効果検証を行なったりしています。普段は、営業の方とどういったサイトコンテンツにするか細かく議論するときもあれば、デザイナー・エンジニアの方とどのような機能にしたらユーザーが使いやすいかを考える時もありますし、マーケの方とどんな内容のDMを配信するかを話す時もあります。部署を問わず、いろいろな方と関わる業務が殆どです。ディレクターの経験なしで入社したので、進め方やコミュニケーションの取り方など、悩んだり戸惑ったりすることもありますが、その分試行錯誤しながら実践し、日々成長できている実感があります。また、業務を進める中でエンジニアの時の経験が活きているなと感じることもあります。例えば、エンジニアに依頼をする側と、実際に作業をするエンジニアでは、工数見積もりや依頼内容の認識などの感覚に多少のズレが生じることが経験上よくありました。エンジニアとして働いていたことがあるこそ、そのズレを自身の経験と照らし合わせて、工数を見積もったりリスクを事前に検知することができていると思います。リリース前の動作確認もきちんと行います。単体テスト・結合テストは前職・前々職で嫌というほどやってきていたので、その経験も活かしながら、改修部分に問題がないか動作チェックをします。リリース手前で不具合を見つけ、万全の状態でリリースできたときは嬉しいですね。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

営業の方やエンジニア・デザイナーの方と議論しながら、何かを作り上げていくということが楽しいです。正解を見つけることはなかなか難しいですが、成功も失敗もその一つひとつが大切な経験になっています。組織と組織ではなく、人と人とで仕事をするという感覚を大事にしたいので、「堀田さんと一緒の案件だと楽しい」であったり、「堀田さんがディレクターでよかった」、「今まで関わってきたディレクターの中で一番やりやすい」と関わる方に思ってもらえるのが一番嬉しいですし、それが自身のモットーでもあります。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか。

「Full honesty」です。

人やプロダクトと誠実に向き合うことが最も大事であり、全ての結果に繋がると思います。ディレクターとして、営業・開発・デザイン・マーケティング・制作など全ての部署の方と関わるからこそ、コミュニケーションの取り方やどういった言葉を使うかは特に意識していて、相談しやすい・話しかけやすい関係性を築きたいと思っています。例えば、エンジニア・デザイナーの方の手を止めないようにできるだけ即レスを心がけたり、伝えたい内容ができるだけ素早く把握してもらえるように、言葉や表現を簡潔にすることを意識しています。

他のインタビューを見る