INTERVIEW

富士通・デロイトトーマツを経てネクストビートへ。 経営を数値面からサポートし、中期事業計画実現を目指す!

経営管理  ゼネラルマネージャー

金敷 雄太YUTA KANESHIKI

INTERVIEW

富士通・デロイトトーマツを経てネクストビートへ。 経営を数値面からサポートし、中期事業計画実現を目指す!

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

慶應義塾大学を卒業後、新卒で富士通株式会社に入社しました。採用面接や配属面談でも一貫して「企業の意思決定を数値面からサポートする業務につきたい」と主張し続けたことが実り、パソコン事業の損益管理業務を行う部署へ配属され、そこからおよそ4年半、予算策定・予実分析・原価計算・ 新商戦モデルの粗利シミュレーションといった管理会計業務を幅広く経験させていただきました。その後、M&Aアドバイザリーファームであるデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社に転職し、企業価値算定業務に5年ほど従事しました。その後は、外資系損害保険会社や国内総合エンタ―テインメント会社にて、管理会計と経営管理業務に携わってきました。立場や目的は様々ながら、常に数値と格闘し企業の意思決定をサポートする業務に従事してきたのですが、いずれの会社でも扱う数字の単位が何千億単位とあまりに大きかったため、実感が湧かずにいつもどこかで冷めている自分がいました…(もちろん自らの業務が企業の意思決定にとって、必要不可欠な業務であるというのは頭ではわかってはいたのですが)。その後、知人が起こしたスモールビジネスをボランティアで手伝う機会もあり、益々「常に自分事として手応えのある仕事がしたい!」という気持ちが強くなり、ベンチャー企業への転職を考えるようになりました。数あるベンチャーの中でも、ネクストビートに興味を持った理由は、創業時から続く保育士の転職支援事業である「保育士バンク!」という強固な土台を築いているうえで複数の事業を展開していることでした。土台がしっかりし、尚且つ積極的に新規投資し続けているベンチャーということで「ここでなら、自分事として手応えを感じながら仕事に没頭できそうだ!」と直感的に判断し、入社に至りました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

私が管掌するBusiness Finance Managementは大きく2つの役割を担っています。1つが管理会計業務となり、中期事業計画や年初予算の策定、予算の期中見直し、予実分析、マネジメント層へのレポーティングなどが含まれます。もう1つが事業支援業務で、フェーズの異なる8つの事業をグロースさせるべく、総合的な事業支援を行っています。殆どの業務が形の決まったルーティン業務ではなく、その都度、頭を悩ませながら事業課題を洗い出し、事業責任者と二人三脚で解決策をひねり出しています。具体例としては、営業のプロセス分解とボトルネックプロセスの特定、営業の顧客データ入力プロセスの整備および簡素化、新規プライシング策定のための損益シミュレーションといった業務に取り組んでいます。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

本質的な仕事ができることが最大の喜びです。過去に在籍した企業では、本質とかけ離れた習慣や業務が数多く存在しもどかしい思いをしていました。例えば、「誰も真面目に読まないのに過去からの習慣で作り続けている資料の更新作業」や「他部門から数字をもらってそれをただ転記するだけの仕事」、「読めばわかる資料をわざわざ報告するためだけに集まる会議」などです。ネクストビートでは、こういった非生産的な業務は一切なく、あくまで事業グロース1点のために知恵を出すことを求められる環境なので、大変心地よくやりがいも喜びも感じています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか。

「Full honesty」です。

人として備えなければいけない最低限かつ最も重要な資質だと思います。「nextbeat identity」はいずれも本質的な内容であり共感・共鳴できる行動指針ではありますが、私の中では「Full honesty」が最上位です。実際に入社してみて、本当に誠実で思いやりのある方が多いと感じますね。素晴らしい企業文化であると誇りに思っています。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
始業
Business Management Division全体の朝会に出席。全体連絡や各チームの最新の取り組み課題の共有。
10:30
広告宣伝費に関する打ち合わせ
翌月以降の広告宣伝費を、喫緊の集客状況や損益状況を鑑みて機動的に増減するべく事業長・CFO・マーケティングチームマネジャーと打ち合わせをしています。
12:00
財務経理チームとの打ち合わせ
直近月次決算の事業別・拠点別PLの配賦ロジックの確認や、当月決算の論点を整理し共有しています。
13:00
ランチ
週のうちほとんどは9Fで会社が契約しているお弁当を食べています。外でのランチは週1程度です。
14:00
事業部との打ち合わせ① (KIDSNAコネクト事業ステアリングコミッティ)
営業、開発、マーケティング、CS、ファイナンスのリーダーが集まり、喫緊の事業課題に対する打ち手を検討します。
15:00
資料作成・分析作業
打ち合わせ向けた資料の作成や予算の見直し、各種分析・シミュレーション作業をしています。
18:00
事業部との打ち合わせ② (保育士バンク事業長とのブレスト)
事業課題に関するブレスト、及び、既に取り組みを開始している打ち手の進捗状況の確認をします。
19:30
CFOとの打ち合わせ
経営会議のアジェンダや様々なリスクを考慮した最新の損益見通しをCFOとディスカッションします。
20:45
退社
チームメンバーや事業部メンバーと飲みに行くこともしばしばあります。

OTHER INTERVIEW

経営管理  ゼネラルマネージャー

金敷 雄太YUTA KANESHIKI

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

慶應義塾大学を卒業後、新卒で富士通株式会社に入社しました。採用面接や配属面談でも一貫して「企業の意思決定を数値面からサポートする業務につきたい」と主張し続けたことが実り、パソコン事業の損益管理業務を行う部署へ配属され、そこからおよそ4年半、予算策定・予実分析・原価計算・ 新商戦モデルの粗利シミュレーションといった管理会計業務を幅広く経験させていただきました。その後、M&Aアドバイザリーファームであるデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社に転職し、企業価値算定業務に5年ほど従事しました。その後は、外資系損害保険会社や国内総合エンタ―テインメント会社にて、管理会計と経営管理業務に携わってきました。立場や目的は様々ながら、常に数値と格闘し企業の意思決定をサポートする業務に従事してきたのですが、いずれの会社でも扱う数字の単位が何千億単位とあまりに大きかったため、実感が湧かずにいつもどこかで冷めている自分がいました…(もちろん自らの業務が企業の意思決定にとって、必要不可欠な業務であるというのは頭ではわかってはいたのですが)。その後、知人が起こしたスモールビジネスをボランティアで手伝う機会もあり、益々「常に自分事として手応えのある仕事がしたい!」という気持ちが強くなり、ベンチャー企業への転職を考えるようになりました。数あるベンチャーの中でも、ネクストビートに興味を持った理由は、創業時から続く保育士の転職支援事業である「保育士バンク!」という強固な土台を築いているうえで複数の事業を展開していることでした。土台がしっかりし、尚且つ積極的に新規投資し続けているベンチャーということで「ここでなら、自分事として手応えを感じながら仕事に没頭できそうだ!」と直感的に判断し、入社に至りました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

私が管掌するBusiness Finance Managementは大きく2つの役割を担っています。1つが管理会計業務となり、中期事業計画や年初予算の策定、予算の期中見直し、予実分析、マネジメント層へのレポーティングなどが含まれます。もう1つが事業支援業務で、フェーズの異なる8つの事業をグロースさせるべく、総合的な事業支援を行っています。殆どの業務が形の決まったルーティン業務ではなく、その都度、頭を悩ませながら事業課題を洗い出し、事業責任者と二人三脚で解決策をひねり出しています。具体例としては、営業のプロセス分解とボトルネックプロセスの特定、営業の顧客データ入力プロセスの整備および簡素化、新規プライシング策定のための損益シミュレーションといった業務に取り組んでいます。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

本質的な仕事ができることが最大の喜びです。過去に在籍した企業では、本質とかけ離れた習慣や業務が数多く存在しもどかしい思いをしていました。例えば、「誰も真面目に読まないのに過去からの習慣で作り続けている資料の更新作業」や「他部門から数字をもらってそれをただ転記するだけの仕事」、「読めばわかる資料をわざわざ報告するためだけに集まる会議」などです。ネクストビートでは、こういった非生産的な業務は一切なく、あくまで事業グロース1点のために知恵を出すことを求められる環境なので、大変心地よくやりがいも喜びも感じています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか。

「Full honesty」です。

人として備えなければいけない最低限かつ最も重要な資質だと思います。「nextbeat identity」はいずれも本質的な内容であり共感・共鳴できる行動指針ではありますが、私の中では「Full honesty」が最上位です。実際に入社してみて、本当に誠実で思いやりのある方が多いと感じますね。素晴らしい企業文化であると誇りに思っています。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
始業
Business Management Division全体の朝会に出席。全体連絡や各チームの最新の取り組み課題の共有。
10:30
広告宣伝費に関する打ち合わせ
翌月以降の広告宣伝費を、喫緊の集客状況や損益状況を鑑みて機動的に増減するべく事業長・CFO・マーケティングチームマネジャーと打ち合わせをしています。
12:00
財務経理チームとの打ち合わせ
直近月次決算の事業別・拠点別PLの配賦ロジックの確認や、当月決算の論点を整理し共有しています。
13:00
ランチ
週のうちほとんどは9Fで会社が契約しているお弁当を食べています。外でのランチは週1程度です。
14:00
事業部との打ち合わせ① (KIDSNAコネクト事業ステアリングコミッティ)
営業、開発、マーケティング、CS、ファイナンスのリーダーが集まり、喫緊の事業課題に対する打ち手を検討します。
15:00
資料作成・分析作業
打ち合わせ向けた資料の作成や予算の見直し、各種分析・シミュレーション作業をしています。
18:00
事業部との打ち合わせ② (保育士バンク事業長とのブレスト)
事業課題に関するブレスト、及び、既に取り組みを開始している打ち手の進捗状況の確認をします。
19:30
CFOとの打ち合わせ
経営会議のアジェンダや様々なリスクを考慮した最新の損益見通しをCFOとディスカッションします。
20:45
退社
チームメンバーや事業部メンバーと飲みに行くこともしばしばあります。

他のインタビューを見る