INTERVIEW

身近な人が「ふつうに」利用するサービスデザインを。

デザイン

北原 箏乃KITAHARA KOTONO

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

デザイングループ 北原 箏乃物作りが好きで学生時代からデザインに関わる仕事につきたいと漠然と考えていました。SPツールのグラフィックデザインの仕事から始め、ウェブデザインや、ネット広告のデザインディレクションなど、複数の会社で多岐にわたるデザイン業務に携わりました。中でも受託のデザインディレクションのキャリアが長く、8年ほど取り組んできました。様々なお客様と関わり、様々な企画・デザインを行えることに面白みとやりがいを感じていましたが、一つのサービスにおけるデザインの価値を追求したいと考え始め、新たなキャリアを模索するようになりました。
転職の軸は、「事業会社であること」と「コンパクトに動ける規模の会社」であること。いずれも、できるだけあらゆる意思決定の当事者でありたいという想いからくる条件でした。ネクストビートは、理念や事業領域への共感も大きかったですね。社会人として働くからには少しでも「世の中に影響を及ぼさないと価値がない」と考えています。自分と同年代の女性がターゲットとなるようなサービスも展開していて、身近で手応えを感じることができそうだなと感じました。ゆくゆくはデザイン組織のマネジメントにも携わり、積み上げてきたものを次世代に残したいとも考えています。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

コーポレート、及び、サービスのサイトリニューアルを担当しています。良い意味で役割分担がはっきりとされていないため、サービスのUX・コンセプト設計から関わることができます。
ペルソナ構築、ユーザーインサイトの分析から、コンセプトや機能、キービジュアルの制作をしていきます。サービスの全体設計をするのは事業責任者ですが、ユーザーにサービスを「魅せる」設計は、デザイナーに求められる役割だと思っています。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

インハウスデザイナーのやりがいは、自分がつくったモノに対する「ユーザーの反応がリアルに見えること」だと思っています。日々発見が多く、それがわかった時に、「嬉しい、悔しい」といった色々な感情が芽生えます。そこからより良くするための策をチームで見出し反映・改善してサービスを成長させていけることに面白みを感じています。
入社理由でもありますが、同年代の女性がターゲットとなるようなサービスに携われることにもやはり喜びを感じます。親しい友人や身近な方々が、自分のデザインしたサービスを「ふつうに」利用している未来に向かって、できることは全てやっていきたいと思います。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

プロジェクトメンバー全員が「ユーザーやサービスのために何ができるか」を考えていると、職種の境界線は自然となくなっていきます。自分の職域に線を引く意識でいると、途端に視野がせまくなってしまいます。あらゆるフェーズで常に当事者意識を持ち続けないと、良いサービス・良いデザインは実現できないと思うので、そこは強く意識しています。

ONE DAY

一日の流れ
09:30
出社
メール、1日のスケジュール確認をします。
10:00
朝会
デザイングループメンバーで、個々のタスク・プロジェクト進捗の共有を行います。
顔を合わせ、タスク以外にもデザイン・業界のトレンドや業務での気づきなども共有し合う大切な時間です。
10:30
デザイン
過去に作成したLPのCVアップ施策として、メインイメージのキャッチコピーを変更します。
コピーの作成から行い、文言を変更するだけでなく、ユーザー視点を意識し、言い回し・バランス・視認性など細かなところまで調整します。
12:30
昼食
デザイングループのメンバーとランチに出かけます。恵比寿は飲食店が充実しており毎日楽しみな時間です。
13:40
スタイルガイドの作成
プロダクトのWebサイトリニューアルを担当しており、作成したデザインを開発へ移行するために必要なスタイルガイドの作成 ・デザインデータの整理等を行います。
17:00
プロダクト分科会
Webサイトリニューアルの一部の機能についてUX部分で気になる点があったため、プロジェクトメンバーに声をかけブレスト・考察を行います。
17:45
デザイン
分科会で決定した内容をデザインに反映させ、その他のページデザインの作成を進めます。
19:45
退社
タスクの見直しを行い退社します。

OTHER INTERVIEW