INTERVIEW

地方創生事業を牽引したい

TOMATES

松本 知磨KAZUMA MATSUMOTO

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

新卒1期生としてネクストビートに入社しました。
慶應の商学部卒で、学生時代は、インターンに力を入れていました。大学入学後、様々な社会課題に興味を持つようになったものの、交友関係が広がる中で自分がいかに「机上の空論」に終始しているか恥ずかしくなりました。自分を変えたいという想いから、地方の中小企業の経営革新をサポートするNPOとWantedlyでそれぞれ1年ずつインターンをしました。本を通して知る社会課題はどれも腹落ちすることがなかったのですが、地方創生については違った。コミュニティや稼ぐ力が必要とされているリアルなニーズと、その先にある未来の可能性を見出すことができ、初めて自分事化できた領域だったと思います。
ネクストビートとの出会いは、Wantedly時代にお世話になった方の紹介です。Wantedlyはエンジニアドリブンの会社だと感じ、自分はビジネス職を志していたのでインハウスで開発をしながらもビジネスドリブンの要素をより強く求めていた。そのバランス感がネクストビートと合致し、インターンをさせて頂けることになりました。
ネクストビートのインターンを経験し、やはり自分は正解のみえない「0→1」の環境に身を置くことに面白みとやりがいを感じると思いましたし、創業3~4年目のフェーズの会社に記念すべき新卒1期生として入社できる状況も「チャンス」だと感じました。事業領域も広い、企業/事業の立ち上げ経験がある人材が豊富、成長環境としての条件が整っているんです。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

新卒入社後最初の1年は人事部の配属でした。サマーインターンの企画などを中心に、新卒のビジネス職採用等を担当したのち、「事業サイドでのスキルも磨きたい!」と自ら志願し、外国人向け転職マッチングサービス「TOMATES」のリクルーティングアドバイザー職に転身。首都圏を中心とした新規企業の開拓もしており、企業側の対応と併せて、外国人求職者のスカウトから内定受諾までをサポートしています。
「TOMATES」は立ち上げフェーズですので、ハイスキル人材のマッチングをすることでブランディングをしながら、アプローチした企業の他の求人も頂くよう尽力しています。以前人事を経験していたので、求職者に対してのコミュニケーションに対する肌感を活かして、採用ニーズのヒアリングを行っています。TOMATESの場合は、スキル面はもちろん語学力も重要です。日本語がビジネスレベルでできる人材が欲しいという企業ニーズが強いので、求職者と敢えて日本語で積極的にコミュニケーションをとり、企業の方に個別具体的なインプットをするよう心がけています。既にご登録頂いている企業様とのマッチングができるかを先ずは検討しますが、求職者のヒアリング内容をベースに新規開拓するケースも少なくないですね。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

「TOMATES」に登録して頂いている求職者の方と話をしていると「自己応募したけど就職できない」等、本当にサポートを必要とされていらっしゃる状況であることが分かります。だからこそ、最良なマッチングができた時は、自身の介在価値を感じることができ、やりがいとなっています。日本の労働市場は、まだまだ外国人の受け入れが進んでいません。人口減少が進む中、外国人の方を採用したいという意向は持ちつつも受け入れ体制が整わない等の理由で採用実績につながらないのです。企業側の不安を一つひとつ払拭し「創業以来、初めて外国籍の人を採用した」という場面に立ち会える瞬間も、感慨深いですね。社会の変革を最前線で見ているという感覚があります。
ネクストビートは、ライフイベント・インバウンド・地方創生という3つの事業軸を掲げています。ゆくゆくは自分の「原体験」である地方創生事業にもチャレンジしたいと思っており、野心は尽きません。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「Output First」です。

「TOMATES」事業の明確な勝ち筋はまだつくれていないフェーズなので、個別具体的な事例を積み上げ、オペレーションを確立していきたいです。「1週間考えさせてください」ではなく、70%見えたら提案する。その提案に対して意見を集約した方が、よりスピーディーに事業部全体での合意形成を図れると思っています。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
朝礼
ネクストビートの行動指針・nextbeat prideを体現している人や事例を当番制で発表しあいます。その後、事業部の商況を共有します。
10:15
求人共有会
新規で開拓した企業の求人内容を、事業部全体に共有します。
10:30
打診回収
企業に打診した候補者の選考結果を確認します。
11:00
テレアポ
電話で新規企業に対して、求人ニーズの確認およびアポ取得を行います。1日で50件近くしています。
13:00
ランチ
外出先でひとりでとることも多いですが、社内にいるときはグループメンバーと行きます!
18:00
リサーチ
訪問した企業の人材要件に合致する候補者をリサーチします。
19:00
打診
既存のクライアントに担当する候補者を打診します。
19:30
スケジュール確認
翌日のスケジュール確認を行い、日報を提出する。
19:45
帰宅
帰宅後はシャワーを浴びて、即、寝ます!!

OTHER INTERVIEW