INTERVIEW

焼き鳥屋での価値転換。スモールビジネスにこそ介在価値を感じる。

人事

小垣 雄祐YUSUKE OGAKI

INTERVIEW

焼き鳥屋での価値転換。スモールビジネスにこそ介在価値を感じる。

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

ネクストビート(人事)小垣 雄祐

メガベンチャーの内定を取得してそのまま就活を終えようとしていたのですが、社会人になる前にどこかで働きたいと思ってネクストビートの長期インターンを始め。就活中に、ある会社の採用責任者に「君は働く覚悟が足りない。僕がもし君だったら、どこでもいいからベンチャーで働いてみる」と言われた言葉がひっかかっていたんですよね。働き口を探すために、学生と企業をつなぐイベントを実施しているビヨンドカフェに出向き、相談をしてみました。「小垣くんは、メガベンチャーよりも、小さくて整っていないベンチャー企業のほうがバリューを発揮できるかもよ」と言われ、チャレンジしてみることにしました。 インターン中は、保育園・幼稚園の業務を効率化する「KIDSNA キズナコネクト」の営業を担当しました。アポ架電の毎日でその実務自体は決して楽しいことばかりではなかったのですが、このサービスは本当に保育現場の役に立っているんだなと実感することができ、サービスが提供する価値が好きになったんですよね。ただその時点ではネクストビートに入社しようとはならず(笑)自分の父親も大企業勤め、周りの友人のほとんどが大企業中心に就職活動を進めている中で、その道からはずれることに覚悟が持てませんでした。転機になったのは、実は文化祭なんです。学生起業家を育成する団体の方から、文化祭での出店でスモールビジネスを経験してみたら?とアイディアを頂き、それもチャレンジしてみよう!と。自己資金10万円を用意して、材料も分かりやすいしこれならできそうと思い焼き鳥屋を出店したんですよね。ただこれが0からやってみると結構難しくて、設備投資これくらいしたら材料費これくらいしかかけられないのか、と自分がイメージしていたシンプルさとは程遠かった。結果的に黒字にはなったのですが、スキル不足を感じる一方でめちゃくちゃ楽しかった。自分はスモールビジネスで介在価値を感じる人間なんだ!とようやく納得ができたターニングポイントでしたね。 創業間もないベンチャーで、一気通貫で事業をみたい。「KIDSNA キズナコネクト」のサービスを通して知った保育現場への課題意識、それをこのサービスで解決していきたいという想いも改めて強くなり、ネクストビートの一員として社会人のスタートを切りたいと思いました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

入社後半年は「KIDSNAキズナコネクト」の営業として千葉・埼玉・群馬・茨城・山梨・栃木を1人で担当していました。顧客のターゲティング、アポ架電、訪問営業、導入フォローまで一連の業務に携わり、クライアントの声をエンジニアに伝え、サービスをより良くするために他部署と積極的に連携していました。 間もなく半年というタイミングで、社長から呼ばれ「人事どう?」と聞かれ、3分悩んで「行きます!」と答え、その後人事部に異動しています。、即断即決した理由はシンプルで、より自身の介在価値を感じることができると思ったからです。営業として働いている時から、ネクストビートへの「リファラル採用」で1名の内定承諾を獲得、新卒採用のアトラクトでは、僕の面談が後押しとなり2名が入社の意思決定をしたんですよね。KIDSNAキズナコネクトのサービスは勿論好きなのですが、このサービスを自分1人が提供するよりも、+3名の優秀な人が提供したほうが、売り上げも伸びますし、会社や社会に対する価値貢献が高いと考えました。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

人事は「会社の顔」でもあるので、自分自身がもっともネクストビートの行動指針を体現していて、会社のあらゆる内容の発信者でなくてはいけない。求められる水準が高い分、やりがいを感じます。新卒採用で関わる学生との面談では、キャリアに悩んでいる学生たちが頼ってくれ、意思決定に対していろんなアドバイスをしています。一人ひとりの学生の意思や覚悟がかたまっていく過程を見ることができるのも喜びですね。 僕は承認欲求があまり強いほうではなく、自分自身の仕事が目立たなくてもいい。、今は、いち早く、上司であるCHROの澄川さん・シニアマネージャーの吉村さんの役に立てる人材になりたい。多忙な2人が、組織のことに費やす時間が増え、会社全体がより良くなるように、どんどん仕事を剥ぎとっていきたいです。まずは、自分が担当している新卒採用の全業務を1日でもはやく剥ぎとりたいですね。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

スモールビジネスに惹かれたのは、一気通貫の仕事をしたかったから。組織にしがみつく生き方はしたくないです。自分自身が提供できるものを明確に持ち、自身の介在価値を高めたいと思っています。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
朝会
朝会に出席し、その日タスクを共有。
当番制でnextbeat prideの模範となる人を発表しています。
10:15
採用選考の戦略設計
採用媒体を過去の選考データから洗い出し、どう活用していくべきか分析し、上長に相談しています。
洗い出しをしている中で、都度、同僚からリファラル採用の相談を請け負ったりしています。
12:00
ランチ
外に行くときは、こじんまりとした静かなお店が好みで、オススメは自然薯のお店と肉バルです!30分で食事を済ませ、コンビニでチョコレートを買い、オフィスの9階で休憩していることも多いです。
13:00
新卒の学生との面談
過去にどんな経験をしているか掘り下げるなどヒアリングもしますが、学生からの質問や悩みに対するフィードバックもして、双方向のコミュニケーションを心がけています。
14:00
ミーティング
CRHOの澄川さんと毎週金曜日に定例ミーティングをしています。
ネクストビートは無駄な会議を徹底的に廃止していますので、定例はこれだけです。
採用スケジュールや抱えている案件の情報共有や相談をして、改善策を壁打ちする時間です。
15:00
面談or面接
午後も引き続き学生と会います。1人30分から1時間、話をしています。
17:00
採用選考の戦略設計
午前中に行っていた業務の続きを。
上司からのアドバイスを基に、設計を改善しています。
18:00
学生とのやり取り
媒体、メール、ライン、メッセンジャーを通して、学生との面談や面接の日程調整をしたり、質問が来ればそれに答えたりしています。
19:00
募集記事作成
ネクストビートでは、学生の長期インターンも積極的に募集させて頂いており、それに纏わる募集記事を作成し、各採用媒体にアップしています。
20:00
情報整理
採用候補者とのやりとりをまとめ、次のアクションにつながるよう見える化をしています。情報共有が大切な仕事なので、わかりやすくまとめることで上司と素早く相談することができます。
20:30
スカウト
スカウト用の媒体にプロフォールを掲載している学生で気になった人がいたら、アプローチメールを送信しています。
21:00
退社
平日は、友人と夕食に行き、そのまま自宅に泊まりにくることもあります(笑)。
或いは、月2~3冊ベースでビジネス系の本を読んでいます。

OTHER INTERVIEW

人事

小垣 雄祐YUSUKE OGAKI

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

ネクストビート(人事)小垣 雄祐

メガベンチャーの内定を取得してそのまま就活を終えようとしていたのですが、社会人になる前にどこかで働きたいと思ってネクストビートの長期インターンを始め。就活中に、ある会社の採用責任者に「君は働く覚悟が足りない。僕がもし君だったら、どこでもいいからベンチャーで働いてみる」と言われた言葉がひっかかっていたんですよね。働き口を探すために、学生と企業をつなぐイベントを実施しているビヨンドカフェに出向き、相談をしてみました。「小垣くんは、メガベンチャーよりも、小さくて整っていないベンチャー企業のほうがバリューを発揮できるかもよ」と言われ、チャレンジしてみることにしました。 インターン中は、保育園・幼稚園の業務を効率化する「KIDSNA キズナコネクト」の営業を担当しました。アポ架電の毎日でその実務自体は決して楽しいことばかりではなかったのですが、このサービスは本当に保育現場の役に立っているんだなと実感することができ、サービスが提供する価値が好きになったんですよね。ただその時点ではネクストビートに入社しようとはならず(笑)自分の父親も大企業勤め、周りの友人のほとんどが大企業中心に就職活動を進めている中で、その道からはずれることに覚悟が持てませんでした。転機になったのは、実は文化祭なんです。学生起業家を育成する団体の方から、文化祭での出店でスモールビジネスを経験してみたら?とアイディアを頂き、それもチャレンジしてみよう!と。自己資金10万円を用意して、材料も分かりやすいしこれならできそうと思い焼き鳥屋を出店したんですよね。ただこれが0からやってみると結構難しくて、設備投資これくらいしたら材料費これくらいしかかけられないのか、と自分がイメージしていたシンプルさとは程遠かった。結果的に黒字にはなったのですが、スキル不足を感じる一方でめちゃくちゃ楽しかった。自分はスモールビジネスで介在価値を感じる人間なんだ!とようやく納得ができたターニングポイントでしたね。 創業間もないベンチャーで、一気通貫で事業をみたい。「KIDSNA キズナコネクト」のサービスを通して知った保育現場への課題意識、それをこのサービスで解決していきたいという想いも改めて強くなり、ネクストビートの一員として社会人のスタートを切りたいと思いました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

入社後半年は「KIDSNAキズナコネクト」の営業として千葉・埼玉・群馬・茨城・山梨・栃木を1人で担当していました。顧客のターゲティング、アポ架電、訪問営業、導入フォローまで一連の業務に携わり、クライアントの声をエンジニアに伝え、サービスをより良くするために他部署と積極的に連携していました。 間もなく半年というタイミングで、社長から呼ばれ「人事どう?」と聞かれ、3分悩んで「行きます!」と答え、その後人事部に異動しています。、即断即決した理由はシンプルで、より自身の介在価値を感じることができると思ったからです。営業として働いている時から、ネクストビートへの「リファラル採用」で1名の内定承諾を獲得、新卒採用のアトラクトでは、僕の面談が後押しとなり2名が入社の意思決定をしたんですよね。KIDSNAキズナコネクトのサービスは勿論好きなのですが、このサービスを自分1人が提供するよりも、+3名の優秀な人が提供したほうが、売り上げも伸びますし、会社や社会に対する価値貢献が高いと考えました。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

人事は「会社の顔」でもあるので、自分自身がもっともネクストビートの行動指針を体現していて、会社のあらゆる内容の発信者でなくてはいけない。求められる水準が高い分、やりがいを感じます。新卒採用で関わる学生との面談では、キャリアに悩んでいる学生たちが頼ってくれ、意思決定に対していろんなアドバイスをしています。一人ひとりの学生の意思や覚悟がかたまっていく過程を見ることができるのも喜びですね。 僕は承認欲求があまり強いほうではなく、自分自身の仕事が目立たなくてもいい。、今は、いち早く、上司であるCHROの澄川さん・シニアマネージャーの吉村さんの役に立てる人材になりたい。多忙な2人が、組織のことに費やす時間が増え、会社全体がより良くなるように、どんどん仕事を剥ぎとっていきたいです。まずは、自分が担当している新卒採用の全業務を1日でもはやく剥ぎとりたいですね。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

スモールビジネスに惹かれたのは、一気通貫の仕事をしたかったから。組織にしがみつく生き方はしたくないです。自分自身が提供できるものを明確に持ち、自身の介在価値を高めたいと思っています。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
朝会
朝会に出席し、その日タスクを共有。 当番制でnextbeat prideの模範となる人を発表しています。
10:15
採用選考の戦略設計
採用媒体を過去の選考データから洗い出し、どう活用していくべきか分析し、上長に相談しています。 洗い出しをしている中で、都度、同僚からリファラル採用の相談を請け負ったりしています。
12:00
ランチ
外に行くときは、こじんまりとした静かなお店が好みで、オススメは自然薯のお店と肉バルです!30分で食事を済ませ、コンビニでチョコレートを買い、オフィスの9階で休憩していることも多いです。
13:00
新卒の学生との面談
過去にどんな経験をしているか掘り下げるなどヒアリングもしますが、学生からの質問や悩みに対するフィードバックもして、双方向のコミュニケーションを心がけています。
14:00
ミーティング
CRHOの澄川さんと毎週金曜日に定例ミーティングをしています。 ネクストビートは無駄な会議を徹底的に廃止していますので、定例はこれだけです。 採用スケジュールや抱えている案件の情報共有や相談をして、改善策を壁打ちする時間です。
15:00
面談or面接
午後も引き続き学生と会います。1人30分から1時間、話をしています。
17:00
採用選考の戦略設計
午前中に行っていた業務の続きを。 上司からのアドバイスを基に、設計を改善しています。
18:00
学生とのやり取り
媒体、メール、ライン、メッセンジャーを通して、学生との面談や面接の日程調整をしたり、質問が来ればそれに答えたりしています。
19:00
募集記事作成
ネクストビートでは、学生の長期インターンも積極的に募集させて頂いており、それに纏わる募集記事を作成し、各採用媒体にアップしています。
20:00
情報整理
採用候補者とのやりとりをまとめ、次のアクションにつながるよう見える化をしています。情報共有が大切な仕事なので、わかりやすくまとめることで上司と素早く相談することができます。
20:30
スカウト
スカウト用の媒体にプロフォールを掲載している学生で気になった人がいたら、アプローチメールを送信しています。
21:00
退社
平日は、友人と夕食に行き、そのまま自宅に泊まりにくることもあります(笑)。 或いは、月2~3冊ベースでビジネス系の本を読んでいます。

他のインタビューを見る