INTERVIEW

神は細部に宿る。Salesforceにひたすら触りたくて、単身上京した転職話。

事業基盤 マネージャー

下原 拓人TAKUTO SHIMOHARA

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

中学生の頃、MacやWindowsが社会現象になるのを目の当たりにして、ITは今後必ず社会のインフラになると確信し、SEになるためにコンピューターの専門学校に。卒業後はシステムインテグレーターとして勤務し、大手企業のシステム開発を担当していました。働いて3年経過した頃、ある取引先企業が「Salesforceの導入支援事業をスタートしたいがエンジニアがいない」ということで派遣されることに。派遣先の部署では、プロジェクトリーダーとしてクライアントに対してSalesforceのシステム導入、管理、運用のサポートをしていました。そこで一緒に働いていた事業責任者の人が、自分の地元でもある鹿児島でSalesforceのシステムを請け負う開発拠点を立ち上げ誘われる形で転職。そこでは、主に大手企業に対するSalesforceの導入コンサルタント、拠点の責任者として働いていました。 ずっとシステムを導入する仕事に携わってきて気づいたのは、「システムを導入するプロがいるだけではプロジェクトは成功しない」ということでした。Salesforceを導入しても、中で働いている社員の方が運用に前向きでなかったり、理解があるかないかで、スムーズにリリースできるかどうかも変わってくる。外からシステムをサポートするのではなく、一度、事業会社で当事者としてシステム導入に携わりたい、と考えるようになり、転職を決意しました。今までの取引先は社員1万人以上の大企業が殆ど(大企業だと、どうしても業務が縦割りになってしまうこともわかっていました)だったため、全社のシステムを俯瞰できる状態で急成長する過程を味わってみたいと考え、転職先は事業フェーズが拡大しているベンチャー企業を中心に探しました。ネクストビートは、スカウトメールで知りました。「社内SE募集!Salesforceができる方急募」というメッセージを見て、思わずクリックしました(笑)。そこから選考に進み、最終面接をしたその日に内定を頂き、そのスピード感に衝撃を受けました。5年で9事業を展開している背景には、こういった意思決定のスピードもあるだろうと思い、益々惹かれていきましたね。その他企業もいくつか内定を頂いていたのですが、決め手となったのは、会社の規模感とビジョン・ミッションに共感したことが大きいです。200名規模であれば、営業・マーケ・開発・コーポと全員の顔を思い浮かべながら仕事ができ、全社のシステムを俯瞰して見れると思いました。また、せっかく仕事をするなら、社会課題を解決していくことをミッションに掲げている会社のほうがやりがいと感じられると思い、入社を決意。妻と子どもを鹿児島に残して単身で上京しました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

事業基盤のマネージャーとして、全社のSalesforceの運用を統括しています。 日常的な運用、改修、コスト削減など、事業やバックオフィス含む全社の業務プロセスの改善や、情報セキュリティ部門とも連携しながら新しい施策を運用するためのモニタリング体制を構築しています。 マネージャーに着任してすぐ、まず社内SNSに「業務システム用ヘルプデスク」を作成しました。要望や依頼、問合せなどがメンバーにバラバラと飛んできていたということもあり、ヘルプデスクとして全社で見える化しようと考えたのです。社員から投稿されたものに関しては誰が対応したかすぐわかるよう、タスク管理ツールと連携し、ガントチャートで管理をする運用に変更しました。 ほぼ毎日新規の相談を受けていてサポート範囲は幅広いです。直近解決した事例としては、人材紹介事業における求人票検索ですね。セールスが求人票を検索するのに2つのシステム(Salesforceと自社開発のシステム)にログインしなくてはならず、その工数が課題であると事業責任者から相談を受けました。その検索機能をSalesforceのシステムに移管できないかと考え、すべての業務をSalesforceで完結できるように設定しました。その結果、生産性が劇的に向上し、セールスからは「2つのシステムにログインする必要がなくなり、検索が楽になったし、自分たちでメンテナンスもできてすごく便利」という声を、開発側からは、「システムのメンテナンスから解放された」という言葉を頂き、本当に嬉しかった。部署を跨いでリードタイムの縮小や工数削減に成功し、自身の介在価値を感じましたね。 今、ネクストビートは毎月社員が増え続けているということもあり、日々の業務で1click削減するだけでも、年間の社員一人あたりの生産性に大きな違いが出ると思っています。システムのみならず業務プロセスに無駄がないか、他の社内システムと情報が正しく接続されているか、など日々PDCAをまわしながら、大きく生産性向上に寄与することを意識していますが”神は細部に宿る”という精神で、細かいことにもこだわりをもって、各部門が自身の業務に専念できる取り組みを続けていきたいと思っています。全社員がお客様という感じですね(笑)。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

シンプルに、最小の工数で、最大の効果を発揮できたときですね。 自走の仕方、工夫の仕方ひとつで結果が変わる。目的を達成するための手段のなかで最適なものを取捨選択し、時間をかけずに効果をあげられるかを考えるのが楽しいですし、それが自身の介在価値であり、他者との差別化だと思っています。 他の人が6時間かかることを、私は1時間でそれ以上のクオリティでアウトプットを出す。そういうことを突き詰めて考えていきたいです。 また、管轄しているメンバーが評価されることもやりがいとなっており、メンバーが改善したことに対して、現場からお褒めの言葉を頂いたりするのも誇らしく思っています。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

あくまでも、自身の仕事は第一線で活躍されている方のサポートをすることだと思っています。 実際に営業の現場に出向いたり、いただいたクレームに対して最前線で対応するわけではないですが、「自分だったらどうするか」ということを常に深く考えるようにしています。営業はどういう想いでクライアントと向き合っているのか、クレームはどういった背景で起こっているのかなど、人の想いに寄り添い、すべて自分事として捉えて様々な問題を解決していきたいと考えています。そして、最短距離で情報が流れる仕組みを整え、全社最適を実現したいです。

ONE DAY

一日の流れ
09:45
出社・始業
昨日の進捗含め、1日の動きを確認。
10:00
朝会
担当事業の朝会に参加し1日のスケジュールを確認。
管轄メンバーのスケジュール、壁打ちを実施しています。
10:30
ヘルプデスク対応
ヘルプデスクに投稿された内容を確認し、対応。
問い合わせより、依頼や要望が8〜9割を占めています。
13:00
ランチ
メンバーや隣の部署の人に声をかけてランチへ。
積極的に他の部署の方とランチをとるようにしています。
14:00
事業責任者とミーティング
業務改善についてのミーティングを実施。現在の課題から最適な設計、モニタリング方法・現場への装着含め提案しています。
15:00
資料作成
マーケティングの部署から依頼された販促ツールの利用状況をまとめた資料を作成。
16:00
開発
設計まで済ませていた依頼内容をプログラムを用いて実装。
課題発見~リリースまですべて行います。
18:00
ベンダーとミーティング
業務システムのベンダーと最適化に向けたミーティングを実施
管轄するシステムが多いため全社最適の視点に立ちミーティングに臨んでいます。
19:00
タスク整理
自身、メンバーのタスクの状況を整理。
優先度を踏まえ必要に応じてスケジュールを調整します。
21:00
退社
ひと段落したら、一日の振り返り、明日の業務を考えながら帰路へ。

OTHER INTERVIEW