INTERVIEW

新卒1期生として、超・シナジーで文化をつくる

KIDSNA

上津原 清子SAYAKO UETSUHARA

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

新卒 上津原清子

私は佐賀県出身なのですが、佐賀は人生の選択肢があまりにも少なくて窮屈に感じていました。自分はどんな生き方がしたいのか、枠を決めずに模索したいという想いを強め、大学入学と同時に上京。大学時代は、長期インターンを希望する学生の紹介を行う会社の立ち上げや、就活情報を発信する「就活アイドル」の1期生としての活動などをしていました。本当に色々なことを経験していく中で、今まで誰もやったことがないことに挑戦する感覚を想像以上に面白く感じ、将来的には起業を志すようになりました。
就職活動では、新規事業立ち上げ、運営、組織づくりまで一気通貫で見ることができるベンチャーを志望していました。数あるベンチャーの中でもネクストビートを選んだ理由はいくつかあります。実力主義で成果を正当に評価してくれるところ、新卒に裁量を持たせて働かせてくれるフェーズ、環境であること。社長をはじめ、役員陣との距離の近さも魅力でした。内定者インターンとして働いているときから、CHROの澄川さんの隣で働いていたのですが、一歩引いた経営者視点でのFBを頂くことが多く、自分も早くそちら側の人間になりたいと思っているので、まさに求めていた成長環境でした。あとは、ネクストビートが自己資金のみで運営していることも決め手のひとつだったと思います。学生時代、他のベンチャーでインターンする機会もあったのですが、外から資金調達をしている会社は事業が伸び悩むとすぐに撤退してしまう。ネクストビートにはやり抜く、挑戦し続ける覚悟があり、その姿勢にも惹かれました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

新卒 上津原清子

入社後は、インターン時代から引き続き、人事広報部への配属となりました。エンジニア、及び、デザイナーの新卒採用をメインで担当し、採用戦略、学生への接触から内定承諾、入社後の研修準備などを対応していました。思い出深いのはネクストビート初のウィンターインターンシップですね。インターンから採用の流れをつくり、その後徐々に応募の母数が増えていった感覚がありひとつの転換点にできたのかなと感じています。
2年目の下期に、子育て情報メディア「KIDSNA」セールスへの異動の打診がありました。人事広報領域で引き続き貢献したい気持ちがありつつも、是非チャレンジしたいという気持ちも同じくらいありました。KIDSNAは、20~30代で0~5歳のお子さんを持つママさん中心に読まれているメディアで月間400万ユーザーの方にみて頂いています。医療/教育系コンテンツに強みがあることが特色で、記事の質を担保する為に、キュレーションサイトではなく、完全に自社でライターをかこみ、医師等専門家の監修を受けています。KIDSNAと親和性の高い、企業様のタイアップ記事を獲得することが私の第一ミッションです。媒体としてのパワーを増やしつつも、ユーザーの声に柔軟な体制をとっていければと思っています。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

人事の仕事は、0からのスタートでやりがいがありました。私自身が新卒1期生で、会社として新卒採用のフローやノウハウが全く確立されていないフェーズでした。勝ちパターンが見えていない中で、地道に情報を集め、仮説を立て、模索しながら実行にうつし、結果的に優秀な方が入社して活躍してくださっている姿をみると心底嬉しく、ほっとします。
KIDSNAには、また違う面白さがありますね。ある程度商材は決まってくるとはいえ、自分が消費者として関わってきたありとあらゆる商品やサービスが、仕事につながり得る仕事です。日常の目線ががらっと変わったなと感じています。また、現在はCMOに営業同行させてもらっているのですが、ヒアリング術や訴求トークなど非常に勉強になり、学びが多いです。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「永遠ベンチャー」です。

単純にこの考え方が好きです。自分は学生時代に一度投げ出した経験があり、社会人になってからも何か大きなことを成し遂げられたわけではないです。でも入社をしてから、0から何度でも挑戦するというスタンスが重要だと感じた場面はいくつもあり、ネクストビートのやり抜こう、やりきろうという姿勢の根源にある考えなのかなと思います。
現在のセールスの仕事はまさに永遠ベンチャーです。諦めずにアプローチし続けることで、話を聞いてもらえる機会が増えてきました。自分側の改善っていくらでもできるんです。やり続けることで突破口が見えてくる。この会社にはそう思わせてくれる働き方をしている人がたくさんいます。

ONE DAY

一日の流れ
10:00
朝会
各プロジェクトの進捗や共有事項など発表。そのときのチーム状況を踏まえ、CMOから仕事やスタンス面でのFBをもらうことも。朝会の締めは、ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」の唱和。日々指名制で、行動指針を体現していた人や事例を紹介しています。
10:15
テレアポ
毎日30件弱架電しています。媒体説明をするために、まずはアポを取得することがスタートです。
12:00
ランチ
お昼はチームメンバーと。この日は先輩に教えてもらったお弁当屋さんへ。ランチタイムも気が付くと仕事の話をしていることが多いです!
13:00
KIDSNAのタイアップ先へ訪問 2件
1社目は初回訪問で、媒体説明や先方の課題ヒアリングを。2社目は訪問提案で、先日のヒアリング内容を振り返りながらプランを提案しました。
18:00
媒体資料送付
アポがNGでも資料送付を許可して頂いた場合は、各クライアントに仕様を修正し、媒体情報を送付します。
18:30
社内打ち合わせ
タイアップ記事の構成案を、社内のライターと打ち合わせ。
19:00
提案資料作成
翌日のクライアント訪問に向けて、提案プランの作成をします。
21:00
帰宅
帰宅後は、リファラル活動も兼ねて、社外の方との交流の時間にあてることも。一緒に働く優秀な仲間を常に探しています!

OTHER INTERVIEW