INTERVIEW

ユーザーから必要とされ、経済合理性が高いサービスをつくる

開発 シニアマネージャ―

雲野 裕介YUSUKE UNNO

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

開発グループ・マネージャー 雲野 裕介

前職のスタートアップが空中分解してしまい、ちょうど転職活動をしていました。ネクストビートとの縁は、以前お世話になっていたCTOの衣笠さんからの声がけでした。衣笠さんは、エンジニアとしてもCTOとしても非常に優秀で尊敬している方だったので、衣笠さんからの紹介という時点で自分の中での確度は高かったのですが、前職での苦い経験もあり、次にチャレンジする場所は、地に足をつけて黒字化もしながら、未来を見据えて会社経営に真摯に取り組んでいる人のもとで働きたいと強く思っていました。代表の三原さんは正にそれを体現している方で、この方であれば大丈夫だと感じました。
ネクストビートはちょうど第二創業期で、開発の内製化を進めていくというタイミングだったので、自分が貢献できる範囲も広いと感じましたね。衣笠さんと再び働けるということも、非常に楽しみでした。衣笠さんとは志向性が異なるところがあり、補完関係が築けると思っています。例えていうと、衣笠さんが狩猟民族で、私は農耕民族というか(笑)。衣笠さんは新規立ち上げのスピードが速く、技術的に尖ったことを特に得意とされる方です。スピードやコミットメントの面では、彼の能力には勝てない。私はコツコツと積み上げていくような、足場ができたところから耕していくのが得意なので、そこで本領発揮してきたいと思っています。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

開発グループのマネージャー、兼、外国人向け転職マッチングサービス「TOMATES」の開発担当者でもあります。急成長企業とはいえ、ネクストビートはまだ創業5年のベンチャーですので、マネジメントとして組織の底上げをしつつも、担当しているサービスの成果を出し、事業に直接コミットすることも重要です。開発をするだけでなく、エンジニア自身が経営者目線を持つチームをつくっていきたいですね。エンジニアも、プロダクトのKPIを毎日チェックして、今何が足りていないのか、どこを機能的に補強するとプロダクトが強くなるのか、一人ひとりが考え、実行する。つくって終わりではなく、つくったものが何にどれくらい貢献しているか、感度高くフォローし続けられるエンジニアを育てたいです。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

開発グループ・マネージャー 雲野 裕介

リリースした機能によって、事業がどう変化したかダイレクトに確認できる環境・体制なので、事業の成功がそのまま自分のモチベーションに直結し、非常に心地よいです。メンバーを見ていても、良い結果が出たことに涙する方もいて、そこまで気持ちをこめられる
環境は貴重だなと感じます。
次の世代が育っていくことも喜びですね。18年4月に、開発グループに「クリエイティブリード」という役職を新設しました。事業計画に対し、開発・デザイン部分での業務成果、効率化、リソースの確保に関する権限と責任を持つポジションなのですが、そういった高い視座で組織を牽引してくれる人材が活躍してくれている状況を嬉しく思います。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識です」
プログラミングをした先に、ユーザーがいます。ユーザーに提供しているという部分にこだわり続けたいですね。評論家ではなく、実践者であることに重きをおいています。

ONE DAY

一日の流れ
09:45
出社
毎朝、5歳の子供を幼稚園へ送っています。
10:00
始業
担当プロダクトの朝会に参加し、業務の進捗やタスク確認を行います。
10:15
ディスカッション
プロダクトで関わる営業・制作・マーケティングなどの他部署に行き、課題をヒアリン
グして10~15分ずつくらい、軽くディスカッションしています。
11:00
実装
プロダクトの開発業務に注力しています。
13:00
昼食
恵比寿は美味しいお店が多数なので、だいたい外で食べています。
14:00
実装
作業中、必要あれば、5~10分のMTGを適宜行っています。
20:00
帰宅
繁忙期はもう少々残りますが…、平常時であればその日のタスクを終え次第帰宅してい
ます。帰宅後は、こどものお風呂と寝かしつけをしています。

OTHER INTERVIEW