INTERVIEW

エンジニア及び事業責任者として、鍛錬を積み重ねる

開発 クリエイティブリード/ KIDSNAキズナコネクト 事業責任者

宇都宮 英幸HIDEYUKI UTSUNOMIYA

Q. ネクストビートへの入社理由を教えてください

大阪大学の大学院を卒業し、GREE株式会社でエンジニアとして2年半、ゲームのプラットフォーム事業に携わっていました。その後は人材系のスタートアップや、アプリのトラッキングツールを作成している会社でキャリアを積んでいます。新卒で働いていた会社と前職はゲーム系の事業が柱となっていますが、本来エンタメ業界に関心が強いほうではなく、今度転職するなら社会的意義が高い事業領域に携わりたいと考えていました。そんな時、GREE株式会社で一緒に働いていたCTOの衣笠さんのお誘いもあり、ネクストビートに出会いました。
衣笠さんは、インフラ系の知識も豊富なだけでなく、ゲームづくりで成功していて事業運用の経験も豊富で、技術的な深さも幅も併せ持っています。そういう信頼できる方のもとでまたチャレンジできることは魅力でしたね。その後代表の三原さんともお会いして、会社の成長戦略について論議する時間を頂きました。市況感や、ネクストビートのビジョンを深堀してお聞きする中で、会社としての視野の広さが自分としてはアトラクト要素に加わり、入社を決めました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

エンジニアとしては「クリエイティブリード」という役職を担っています。それぞれの事業に対して、開発及びデザインの成果をモニタリングし、効率化推進をしたり、リソースの確保をする権限と責任を担うポジションです。
また、保育園・幼稚園の業務負担を軽減する「KIDSNAキズナコネクト」というプロダクトの事業責任者もしています。中長期の戦略を踏まえながら、プロダクトの構成を明確に決め、開発方針やスケジュールなどマイルストーンを決めていきます。自分自身エンジニアとしてつくりこみもしているので、セールス戦略については「キズナコネクト」のセールスマネージャーに主体的に動いてもらいながら、密な連携を心掛けている状況ですね。

Q. 仕事のやりがいや喜びを教えてください。

入社動機とも重なりますが、社会的意義が高い領域に携われていること自体が嬉しいです。当社は機能ごとではなく、プロジェクトごとの座席配置なので、営業やカスタマーサポートなど他職種の方とも密な連携をとりやすいです。その為に実際に自分が開発したサービスの感謝やご要望の声を、日常的に聞くことができ、手応えがあります。
裁量権の大きさもやりがいとなっています。一般的に、会社規模が大きくなればなるほど分業化が進み担当範囲が狭くなりますが、入社して以来ずっと仕様設計、コーディング、ワイヤー、デザインなど一気通貫でやっていく環境を確保させてもらっています。、要件定義からデザイン、API設計など技術的に広く担当させてもらっていて、エンジニアとして得られる経験値が多い。それに加えて、事業責任者としての全体視野も鍛えられているので、大変ですが他にはない成長環境かなと思いますね。

Q.ネクストビートの行動指針である「nextbeat pride」のどれを最も重視していますか。

「∞当事者意識」です。

職種は分かれていますが、自分の仕事はここまで、という制約をかける働き方はできない会社であり、事業フェーズだと思っています。何事も自分事として捉えて、できることは巻き取っていきたいと考えています。

ONE DAY

一日の流れ
09:55
出社
10:00
朝礼
プロジェクトメンバーでの朝会をして、1日のスケジュールとリリース案件の共有を行っています。
また、ネクストビートの行動指針につながるようなオンオフ問わないトピックスを共有しています。
11:00
メンバーとのコミュニケーション
進捗確認や、方針の確認、実装面で困っていることの共有などを適宜行っています。
案件により、フレキシブルな対応をしています。
13:30
昼食
外食とリフレッシュエリアで食べるのと半々くらいです。外に行くときは、自然薯など身体に優しいものを選ぶことも多く、基本的には個人店が好みです。
14:30
実装
要件定義からワイヤーフレーム作成、コーディングまで開発業務に注力しています。
18:00
面接
採用面接が入れば、適宜対応をしています。
18:30
実装
開発業務をこなしています。
20:30
帰宅
帰宅後、楽器(エレキギター)を弾いたり、料理をしたりしています。

OTHER INTERVIEW